リモートワークにも便利なコンビニで販売しているイヤホンまとめ

2020年セブンイレブンのバレンタイン【ゴディバや千疋屋の商品が】

 

2020年もあっという間に1ヶ月経ち、2月になりました。

2月になると女性だけでなく男性も少し意識してしまうイベントがきますよね。

 

バレンタイン

 

ハッピーなイメージをお持ちの方もいれば、チョコのようにほろ苦い経験をされたことがある方もいるかもしれませんが、何かと準備が大変だったりするバレンタイン。

そんなバレンタインと言えばやっぱりチョコレート。やはり贈り物として渡す際は、少し洒落ているチョコレートが良いですよね。

でも忙しくて、オシャレな洋菓子店や百貨店の特設コーナーになかなか行けなかったという人もいますよね・・・

 

でも、ご安心ください!そんな洒落たチョコレートがコンビニのセブンイレブンで手軽に買えちゃいます。

 

 

しかも、チョコレートの超有名店の「GODIVA」や「モロゾフ」さらには「千疋屋」のチョコレートまで。セブンイレブンのバレンタインアイテムは豊富なラインナップになっています。

 

今回はセブンイレブンの2020年バレンタインアイテムの種類や値段をまとめてご紹介いたします。それでは見てみましょう。

 

 

セブンイレブンの2020年バレンタイン商品ラインナップ

 

まずはじめに、今年セブンイレブンが取り扱うバレンタイン商品を見てみましょう。

 

 

セブンで買える「GODIVA」のチョコレート

 

やはりセブンイレブンと言ったらあの有名店「GODIVA」のチョコレートを販売しているというところが、かなりのポイントになっていると感じます。

 

 

2020年のセブンイレブンで販売しているGODIVAのチョコレートは5種類
そのすべてがセブンイレブン限定発売のもので、GODIVAのお店に行っても買えない、セブンイレブンでしか購入できない商品となっています。

 

 

 

(出典:セブンイレブン公式サイト)

 

↑ 種類も豊富で上品でオシャレな感じがしつつも、値段やサイズがそんなに張らないため、バレンタインのちょっとしたプレゼントに最適な印象。

専用のショッピングバッグも付きますので、チョコがオシャレでもセブンイレブンのレジ袋から取り出して渡すという状況は避けられます(笑)

 

以下、セブンイレブンで販売している2020年のバレンタイン「GODIVA」商品と税込みの販売価格です。

 

商品名値段(税込み)
ゴディバギフトアソートメント1,620円
ゴディバチョコレートドームラズベリー345円
ゴディバカレアソートメント4枚540円
ゴディバチョコレートアソートメント1,080円
ゴディバチョコレート&焼き菓子アソート864円

 

 

セブンイレブン限定ホテルオークラのチョコレート

 

 

セブンイレブンのバレンタインアイテムはGODIVAだけではありません。

 

なんと老舗有名ホテル「ホテルオークラ」のチョコレートの販売もしています。

 

 

↑ 高級感漂う箱に「Hotel Okura」の文字が。箱を開けても、高級感はそのままに上品なチョコレートが並んでいます。

こちらのホテルオークラのチョコレートもセブンイレブン限定商品となっていて、セブンイレブン以外のお店では購入することができません。今年セブンイレブンで販売しているホテルオークラのチョコレートは3種類です。

 

全国に約20,000店あるセブンイレブンでこれだけ、高級感のあるチョコレートを買えるのはほんとうにありがたいことですね♪

外箱同様に「Hotel Okura」の文字が入った、専用のショッピングバッグも付きますので、上司や目上の方へのプレゼントにもピッタリな内容です。

 

以下、セブンイレブンで販売している2020年のバレンタイン「ホテルオークラ」商品と税込みの販売価格です。

 

商品名値段(税込み)
ホテルオークラセレクション4個648円
ホテルオークラセレクション6個864円
ホテルオークラセレクション8個1,080円

 

 

他にもメリーやモロゾフ/千疋屋のチョコレートが

 

GODIVAとホテルオークラのチョコレートで充分なバレンタインのラインナップになっているとも感じますが、セブンイレブンのバレンタインはこれだけではありません。

 

 

 

↑ メリーやモロゾフといった有名洋菓子店のチョコレート、さらにはフルーツで有名な「銀座千疋屋」のチョコ菓子まで。

あらゆる有名店のバレンタイン商品をセブンイレブンでは販売しています。

 

セブンイレブンで販売している2020年バレンタインのメリーやモロゾフ/千疋屋の商品は以下のようになります。

 

商品名値段(税込み)
メリーチョコレートアソーテッドチョコレート1,080円
メリーチョコレート国産フルーツのショコラ864円
メリーチョコレートプレーンチョコレート540円
モロゾフショコラテリアコフレ700円
モロゾフショコラテリアセピアアソートメント1,080円
モロゾフショコラテリアトリュフアソートメント920円
銀座千疋屋銀座ミルフィーユ594円

 

ブランド力のある有名店の商品でも価格帯は主に“1,000円以下”と、とてもお値段がお手頃に感じます。

“セブンイレブンで買える”というだけでもお手軽/お気軽なのにお値段までお手軽というのも良いものですよね♪

 

メリーやモロゾフ/千疋屋のバレンタイン商品もそれぞれに専用のショッピングバッグが用意されています。

 

 

セブンイレブンのバレンタイン商品のご購入はお早めに

 

ここまで、セブンイレブンで販売している2020年のバレンタイン商品についてご紹介してまいりました。

かなり充実している内容になっていると感じましたが、ひとつ注意点がありまして、それはやはり品切れです。

 

いくら充実している内容のバレンタイン商品の取り扱いをしていても、実際にセブンイレブン店舗に行った際に、売っていなければ意味がありません。

 

筆者がコンビニで働いていた際の経験では、やはりバレンタイン当日はほとんど商品は残っていなく、当日に買いに来るお客様もいらっしゃいましたが、やはり種類も少なくなっているせいか”渋々”というお客様もいました。

 

人気商品はやはりすぐに品切れになってしまうこともありますので、セブンイレブンでバレンタイン商品の購入をご検討の方はお早めにお買い求めになることをおすすめいたします。

 

 

バレンタインの品揃えはお店次第

 

また、今回本記事でご紹介した、バレンタイン商品がすべて、全てのセブンイレブン店舗にて販売されているとは限りません。

 

バレンタイン商品の発注(仕入れ)もお店次第になっているので、同じセブンイレブンであっても店舗によって品揃えは違ってきます。

筆者が行ったセブンイレブンでは2/6時点で7種類のバレンタインチョコレートが販売されていました。

 

やはり、売れ残ってしまうと半額にしても売れないこともあるので、店舗側もあくまで”売り切れるように”発注をしていますので、重ねてになりますが、お早めのご購入をおすすめいたします。

 

 

最後に

 

 

セブンイレブンはこれまでもGODIVAのチョコレートをバレンタインに発売していました。

それだけでもすごいことだと思っていたのが、今はホテルオークラや千疋屋など、これまでコンビニに並ぶはずがないであろう老舗の商品まで取り揃えられていて、正直驚きました。

これだけ、バレンタインのラインナップが充実していると選ぶのも楽しいですね♪

そして、価格帯も300円代~1,000円ほどに設定されていて、学生から社会人の方まで幅広く自分のバレンタインに合った商品が見つかるという印象でした。

この記事を読んだ機会に、ぜひ今年のバレンタインはセブンイレブンにしてみてはいかがでしょうか。