リモートワークにも便利なコンビニで販売しているイヤホンまとめ

セブンイレブンで使えるクレジットカードと支払いできるもの【払い方】



 

「キャッシュレス」という言葉が広まり、還元キャンペーンなどが増えてきた昨今。

セブンイレブンも現在、キャッシュレス還元事業の対象店舗となりキャッシュレスで支払いをすれば還元を受けることができます。

 

 

そんなセブンイレブンで利用可能なキャッシュレスの代表ともいえるのが「クレジットカード」です。

今回はそのセブンイレブンでの「クレジットカード」の使い方から

・使えるカードの種類
・支払いできるもの/できないもの
・サインは必要か

などセブンイレブンでクレジットカードを使用する際の疑問をまとめてご紹介いたします。

 

セブンイレブンで使えるクレジットカードの種類

 

 

まずはじめに、セブンイレブンで使えるクレジットカードの種類をご紹介いたします。昨今、「クレジットカード」とひとくくりにに言っても

 

銀行口座から引き落としになるデビットカード

 

チャージした分だけ利用可能なプリペイドカード

 

など、クレジットーカードにも様々な種類が増えてきましたね。一体セブンイレブンではそれらのカードも使うことができるのでしょうか。

 

セブンイレブンではデビットカード/プリペイドカードも利用が可能

 

セブンイレブンで利用できるクレジットカードの種類は以下のようになります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

この種類のクレジットカードをセブンイレブンで利用することができます。

 

 

↑ デビットカードやプリペイドカードは銀行のキャッシュカードにクレジット機能が付いたものやチャージをおこなって使うクレジットカードになります。

例えばセブン銀行のデビットカードやau WALLETカードのようなプリペイドカード。

 

セブンイレブンで利用可能なカードブランド

 

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードにはそれぞれカードのブランドがあります。

JCBやMaster Cardなどのいくつかあるカードブランドの中でセブンイレブンで使えるカードブランドは限られています。

セブンイレブンで利用可能なクレジットカードのカードブランドは以下のようになります。

 

 JCB

 

 VISA

 

 Master

 

 アメリカン・エクスプレス

 

 ダイナースクラブ

 

上記のブランドのカードがすべてお使いいただけます。他にもUnion Pay銀聯やDiscoverブランドのカードもセブンイレブンにてお使いいただけます。

国内ブランド、海外ブランドとこれだけのカードブランドに対応しているセブンイレブン。これだけ対応可能ということは国内で利用可能なカードブランドは「実質すべて使える」ということになります。

 

これはクレジットカードだけでなくデビットカード、プリペイドカードも上記のカードブランドのカードであれば利用可能ということです。

 

●セブンイレブンで利用可能な主なクレジットカード

 

カードブランドが上記のブランドであれば、セブンイレブンでお買い物の際に支払い方法としてクレジットカードをご利用いただくことが可能です。

そんなセブンイレブンでご利用可能なクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの有名どころを少しご紹介いたします。

 

クレジットカードデビットカードプリペイドカード
楽天カード楽天銀行デビットカードau WALLETカード
ライフカード三菱UFJ銀行デビットカードLINE Payカード
セゾンカード三井住友銀行デビットカードSoftbankカード
DCカードゆうちょ銀行デビットカードdカード
Nicosカードイオン銀行デビットカードVプリカ
UCカードジャパンネット銀行デビットカード
JALカードセブン銀行デビットカード

 

上記のカード以外にもカードブランドが対応しているクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードであればセブンイレブンで利用が可能です。

 

セブンイレブンでのクレジットカードの使い方/支払い方法

国内で利用可能なクレジットカードをほぼすべて使えるセブンイレブン。それでは実際にセブンイレブンでの買い物の際にどのようにクレジットカードを利用するかについてみてみましょう。

 

セブンイレブンでのクレジットカードの利用方法は・・・

 

「支払いカードでお願いします」とカードを店員さんに渡すだけ

 

となります。店員さんは受け取ったカードで会計を済ませてくれます。とても簡単ですよね♪

店員さんが会計を済ませてくれた後は、渡したカードと「お客様控え」を受け取ります。お会計とお支払いが完了したので、商品を受け取りお買い物も完了です。

 

①支払い回数は一括/一回払いのみ

 

とても簡単にクレジットカードを利用して買い物ができるセブンイレブンですが、その支払い方法に注意点が4つあります。

そのうちのひとつが支払い回数です。

セブンイレブンでクレジットカードを用いて支払いをした場合、カードの引き落としの回数は

一括/一回のみ

となります。リボ払いのような複数回払い/引き落としをご希望の場合はカード会社に問い合わせをして設定する必要があります。

セブンイレブンでのクレジットカードのリボ払いなどの複数回払いの設定、依頼はできませんのでご了承ください。

 

②お支払い10,001円以上でサインが必要

 

セブンイレブンでクレジットカードを用いて支払いをする際のもう一つの注意点が

サインについてです。

セブンイレブンにてクレジットカードを利用してお会計金額10,001円以上お支払いをした場合にカード会社控えにサインをしなければなりません。

最近は減ってきている印象ですが、飲食店や薬局など数百円のお会計に対してカード払いをしてもサインを求められることもありますよね。

セブンイレブンではお会計金額が10,001円以上でサインとなるので、毎回毎回クレジットカードで支払いをした際にサインを求められるということは少ないかと考えられます。

 

③クレジットカードは併用できない

 

セブンイレブンでクレジットカードを使う際の注意点3つ目は

セブンイレブンでお買い物の際にクレジットカードを利用して他の決済方法との併用ができないということです。

ちょっと何言ってるかわからないという方もいるかもしれませんが(笑)

 

例えば…セブンイレブンで2,000円の買い物をした際にプリペイド式のクレジットカードで支払いをしようと思い、カードを店員さんに渡しましたが、クレジットカードにチャージされている金額が足りなく支払いをすることができませんでした。

 

↑ この場合、足りなかった金額を他の現金や電子マネーで補うということができないということです。

 

さらに例えば…2,000円のお会計金額に対してクレジットカードの枠や残高が残り1,000円しかなかった場合に

 

 

その1,000円をクレジットカードから引いて残りを現金や他の電子マネーで支払いをすることができない。ということです。

 

セブンイレブンでクレジットカードと併用ができない支払い方法は以下のようになります。

・nanaco
・交通系電子マネー
・楽天Edy
・QUICPay/QUICPay+
・iD
・他のクレジットカード
・バーコード決済
・現金

 

④クレジットカードで購入できないもの/支払いできないもの

 

セブンイレブンでクレジットカードでお支払いをする際の最後の注意点が

セブンイレブンで購入可能な商品、利用可能なサービスすべてをクレジットカードで支払いできるわけではない

ということです。セブンイレブンではおにぎりや人気のホットスナックなど食品だけでなく切手やはがきの販売、クロネコヤマトの宅急便に公共料金の収納代行などのサービスを行っています。

日ごろ、そんなセブンイレブンで便利に切手やはがきを買ったり、便利なサービスの利用をすることができますが、そのすべてをセブンイレブンでクレジットカードを使ってお支払いができるかというと、そうではないということです。

 

●ヤマトの宅急便はクレジットカードで支払い可能

 

それでは実際にセブンイレブンでクレジットカード使って支払いができないものを見てみましょう。

セブンイレブンでクレジットカード使って支払いができないものは以下のようになります。

・インターネット代金収納(セブンネットショッピング、西武そごうのeデパート、アカチャンホンポネット通販、ロフト、イトーヨーカドー、タワーレコード、ニッセン除く)
・公共料金等の収納代行
・マルチコピー機でのサービス(一部チケット除く)
・切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ
・クオ・カード
・テレホンカード
・プリペイドカード
・プリペイド携帯カード
・ビール券・酒クーポン券
・地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
・他金券等に準ずるもの
・nanacoカード発行手数料
・各種電子マネーへの現金チャージ

(出典:セブンイレブン公式サイト)

 

セブンイレブンでは上記のお支払いにクレジットカードを利用することはできません。

上記を見ていただくと、サービスはサービスでもクレジットカードで支払いできるサービスと支払いできないサービスがあることが分かります。

セブンイレブンでクレジットカードを使って支払いができる代表的なサービスが

宅急便です。

セブンイレブンではヤマト運輸の提供する「クロネコヤマトの宅急便」を利用することが可能です。

その宅急便の料金をセブンイレブンではクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードで支払いをすることができます。

 

セブンイレブンで宅急便を出す際はこちらをご覧ください。

セブンイレブンで宅急便/宅配便を出す際の料金やサイズなど全てを紹介
セブンイレブンでヤマトの宅急便を発送することができます。その際の伝票の種類や箱のサイズ、料金、お得な割引サービスについてご紹介。スマホを使ったかんたんな送り状印刷もできます。

 

●クレジットカード払いでたばこやお酒の購入も可能

 

さらにセブンイレブンでは切手やはがきをクレジットカード払いで購入することはできませんが

たばこ/お酒の購入をクレジットカードで行うことは可能です。

このセブンイレブンでクレジットカードを使って支払いができるものの明確な区分は上記のようになりますが、概ね売り場に陳列されている商品ならセブンイレブンでクレジットカード払いで購入ができるとお考えいただければといいと思います。※ギフトカードを除く

 

セブンイレブンでクレジットカードで購入したものの返品/返金はできるのか

 

ここまでセブンイレブンでクレジットカードを利用する際の利用方法や注意点などご紹介してまいりました。

使い方も簡単でクレジットカードでお買い物ができるセブンイレブンですが

 

クレジットカードで購入した商品は返品対応してくれるの?

 

なんて、疑問にならないでしょうか?

 

ご安心ください。セブンイレブンでクレジットカードで購入した商品の返品は可能です。

 

ただ少し注意点がありまして

 

例えば…セブンイレブンでお買い上げ点数10点のお買い物をしたとします。そのうち1点の消費期限が切れていたため返品の依頼をしに購入店舗へと行きました。

 

↑ この場合ももちろん返品は可能なのですが、その返品を行う処理の方法を少し複雑に感じられるかもしれません。

 

クレジットカードで購入した商品の返品処理方法

 

セブンイレブンでクレジットカードで購入した商品の返品処理方法は以下のようになります。

 

①返品商品を含むお買い物の取引を丸々取消します。
②その消した取引の合計金額から返品商品の金額を引いた金額がレジに表示されます。
③返品金額を引いた合計金額をカードで支払いします。

 

という流れになります。少しわかりずらいかもしれませんが、はじめにクレジットカードで購入した10点のお買い物の取引を取消にします。

なのでカードからはその10点分のお会計金額分カードのご利用枠や残高が増えます。

そして返品商品の金額を引いた合計金額(この例の場合お買い上げ点数9点分)を再度、クレジットカードで支払うということになります。

そうすることによって返品商品の返金をおこなったという状態になります。

この返品時の処理方法を見ていると面倒に感じる方もいるかもしれませんが、この返品処理方法が筆者の経験上、最も行われていると考えられます。

 

クレジットカードで購入した商品の返品の際に必要なもの

 

そんなセブンイレブンでクレジットカードで購入したものを返品する際に必要なものは

 

購入時に使用したクレジットカード

 

レシート(お客様控え)

 

この2点が必ず必要になります。クレジットカードは取引の取消などに使用され、レシートは取引の照合を行うために使用されます。

 

最後に

 

セブンイレブンでクレジットカードを使う際の支払い方法や購入できないものなどをご紹介してまいりました。

記事の冒頭でも触れましたが、セブンイレブンは全店が「キャッシュレス還元事業所」です。クレジットカードでお買い物をすることでキャッシュレス還元を受けることができます。

ぜひこの記事を読んだ機会に、セブンイレブンでクレジットカードを使ってお買い物してみてはいかがでしょうか。