セブンイレブンでチャージできる電子マネー/キャッシュレス一覧

「キャッシュレス還元」

この言葉が浸透してから、普段お買い物の際にクレジットカードや電子マネーなど極力キャッシュレスを利用しようとする方は増えていると考えられます。

ポイントや残高への還元があり、さらにはスマホをかざすだけなど大変お得で便利なキャッシュレスですが、ひとつ厄介なのがその残高管理ではないでしょうか。

残高が少なく、利用しようと思っていたのに結局足りずに現金で支払いをすることになり、還元が受けられなかったなんてことも…

しかし、ご安心ください。そんなキャッシュレスの残高管理のお悩みはコンビニのセブンイレブンに行けば解決されます。

セブンイレブンでは10種類以上のチャージ式のクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレスのチャージが可能です。

今回はセブンイレブンでチャージが可能なキャッシュレスをまとめてご紹介いたします。

セブンイレブンでチャージ可能な電子マネー/キャッシュレス一覧

まずはじめに、セブンイレブンでチャージ可能なキャッシュレスをまとめて、一覧でご紹介いたします。

チャージ可能なキャッシュレス

これだけ多くの電子マネーなどのキャッシュレスのチャージがセブンイレブンで可能です。

チャージの方法/方式は現金でのチャージのみとなります。

現金をお使いになるキャッシュレスにチャージ(入金する)かたちとなります。

Suica/モバイルSuica・ICOCAなどICカード

セブンイレブンではSuicaやモバイルSuica、PASMO、ICOCAなどの駅やバスで「ピピッ」とお使いいただけるICカードの”交通系電子マネー”がすべてチャージ可能です。

レジで店員さんに「〇〇(交通系電子マネーの名前)のチャージお願いします」と申しでれば、チャージ金額を聞かれるので任意の金額を口頭で伝えます。

その後、チャージ金額分の現金を店員さんにお会計してもらい、交通系電子マネーのICカードまたはモバイル端末をセブンイレブンのレジにタッチするとチャージ完了します。

上記のチャージ手順に順番をつけてみてみると

  1. レジにて交通系電子マネーのチャージを申し出る
  2. チャージ金額を口頭で伝える
  3. チャージ金額分の現金を払う(お釣りは出ます)
  4. レジの端末にお手持ちの交通系電子マネーをタッチする
  5. お会計/チャージ完了

このような手順でSuicaやICOCAなどの交通系電子マネーのチャージができます。

チャージ金額は1,000円から千円単位でお手持ちの交通系電子マネーの残高が20,000円になるまでチャージできます。

例えば…チャージする交通系電子マネーの残高がすでに5,000円入っている場合、最大でチャージできる金額は15,000円となります。

またセブンイレブンでは完全にセルフでセブンイレブン店内設置のATMから交通系電子マネーのチャージも可能です。

セブンイレブンでの交通系電子マネーのチャージについて詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

Suicaのチャージができるコンビニまとめ【使い方やチャージ方法】
全国のセブンイレブンやファミリーマートといったコンビニで交通系電子マネー「Suica(スイカ)」がご利用いただけます。支払いだけでなくチャージもできます。そんなSuicaのコンビニでの使い方やチャージ方法をまとめました。

LINE Pay(ラインペイ)やPayPay(ペイペイ)などのバーコード決済

キャッシュレスという言葉の代名詞とも呼べるLINE PayやPayPayなどのバーコード決済のチャージもセブンイレブンでおこなえます。

還元率も高く、なんといってもキャンペーンの内容が「20%還元」など他のキャッシュレスと桁違いな印象があります。

そんなバーコード決済も種類が増え、キャンペーン用に色々な種類をスマートフォンにインストールしたという方も多いと思います。

その種類が多いバーコード決済の中で「LINE Pay」「PayPay」「メルペイ」「au PAY」「d払い」がセブンイレブンでチャージが可能です。

これらバーコード決済のセブンイレブンでのチャージ方法はすべて店内設置のATM「セブン銀行ATM」よりスマートフォンとATMを使ってチャージします。(チャージ方法は以下詳しくご紹介しています。)

チャージ金額は最低1,000円から千円単位でお選びいただけます。

  • LINE Pay → 限度額無し
  • PayPay → 50万円
  • メルペイ → 99,000円
  • au PAY → ※限度額無し
  • d払い → 50万円

上記のようにチャージ限度額が設定されている決済サービスもありますので、ご確認およびご注意ください。※au PAYについては限度額の記載がなかったため、「限度額無し」とさせていただいております。

au WALLETカードなどのデビット/プリペイド式クレジットカード

バーコード決済の延長線のようなかたちになりますが、バーコード決済と連携しているデビットカードやチャージ式のクレジットカードのチャージもセブンイレブンで可能です。

au WALLETカードやLINE Payカードのようなチャージをして使うタイプのクレジットカードはセブンイレブン店内設置のATMにてチャージが可能です。

さらにはdカードのデビットタイプもチャージ可能で、これらはカードにチャージしてカードでクレジット払いとして支払いをすることができますが、スマートフォンのバーコード決済とも連携しているため、どちらで使うこともできます。

例えば…au WALLETカードにチャージした分は「au WALLETカード」で支払いすることにも使え、バーコード決済の「au PAY」の残高でもあるのでau PAYでの支払いにも使えます。反対にau PAYにチャージしたものはau WALLETカードの残高にも反映されているので同様のことが言えます。

au PAY/au WALLETのチャージ方法について動画や画像で詳しく紹介している記事がありますので、ぜひご覧ください。

セブンイレブンでau PAY/au WALLETの使い方とチャージ方法
セブンイレブンはau PAYが使えて、さらにATMからのチャージが可能です。そのセブンイレブンでのau PAYの使い方とチャージ方法を詳しく動画付きでご紹介。お得なキャンペーン情報も随時更新しています。

nanacoや楽天Edy

セブンイレブンでおなじみのnanacoのチャージ、さらには楽天Edyのチャージもセブンイレブンにて行えます。

nanaco・楽天Edyどちらも、セブンイレブンのレジ・ATMからチャージすることができます。

レジにてチャージする場合は

  1. レジにてnanaco or 楽天Edyのチャージを申し出る
  2. チャージ金額を口頭で伝える
  3. チャージ金額分の現金を払う(お釣りは出ます)
  4. レジの端末にお手持ちの交通系電子マネーをタッチする
  5. お会計/チャージ完了

この流れでチャージができます。

チャージ金額は最低1,000円からの千円単位で残高が最大50,000円になるまでチャージ金額の指定が可能です。(楽天Edyは1度のチャージ限度額が25,000円)

セブンイレブンでの電子マネーやキャッシュレスのチャージ方法

上記でセブンイレブンでチャージできる電子マネーなどのキャッシュレスの種類や簡単なチャージ方法をご紹介いたしましたが、ここからセブンイレブンでの詳しいチャージ方法をご紹介いたします。

チャージ方法はレジかATM

セブンイレブンでのキャッシュレスのチャージ方法は大きく分けて分けて2つあり、レジかATMでのチャージとなります。

●セブンイレブンのレジでチャージできる電子マネー/キャッシュレス

セブンイレブンのレジでチャージが可能な電子マネー/キャッシュレスはSuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、nanaco、楽天Edyとなります。

●セブンイレブンのATMでチャージできる電子マネー/キャッシュレス

セブンイレブンのATMでチャージできる電子マネー/キャッシュレスはSuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、nanaco、楽天Edyに加え、LINE PayやPayPayなどのバーコード決済とau WALLETカードやLINE Payカードなどのチャージ式のプリペイドクレジットカードも入ります。

セブンイレブンのレジでチャージできるものはATMでもチャージが可能なので、セブンイレブンの場合、チャージをしようと考えたときにATMに行くことをオススメいたします。

セブン銀行ATMでのチャージ方法

主にATMを用いて電子マネーやキャッシュレスのチャージができるセブンイレブンですが、セルフでATMのような機械を触ってチャージをすることに抵抗がある方もいるかと思います。

まず使い方がわからない…

ご安心ください、セブンイレブンのATMでの電子マネーなどのチャージは非常にかんたんです。

セブンイレブンATMでのnanacoのチャージ方法

セブンイレブン(セブン銀行)のATMでau PAYのチャージをしてみた

こちらは上からnanacoとau WALLETカードのチャージをセブンイレブンATMで行った際の動画なのですが、どちらも40秒ほどで終わりました。

  • nanacoのチャージ動画であれば → suicaなどの交通系電子マネーや楽天Edy
  • au WALLETのチャージ動画であれば → LINE Payカードなど

応用することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

レジでもATMでもチャージに手数料はかからない(無料)

ここまでセブンイレブンでのチャージ方法をご紹介していますが、チャージに関する手数料はレジでもATMでも一切かかりません。

チャージ金額が10万円などの高額な場合も手数料は発生しないので安心してチャージできます。

お得なチャージキャンペーンがあることも

セブンイレブンで電子マネーやキャッシュレスをチャージすることによってお得な還元やプレゼントがもらえるキャンペーンがあります。

↑この画像はもうキャンペーン期間の終了してしまっている物なのですが、セブン銀行ATM(セブンイレブンATM)にて対象のキャッシュレスを1万円チャージすると抽選で1,000円分のキャッシュレスがプレゼントされるというキャンペーンです。

このようなセブンイレブンでチャージをすることによって還元やプレゼントがもらえるキャンペーンが開催されている時もありますので、ぜひチェックしてみてください。

セブンイレブン公式サイト
https://www.sej.co.jp/index.html

最後に

セブンイレブンでチャージできる電子マネー/キャッシュレスの種類やチャージ方法についてご紹介いたしました。

セブンイレブンでのチャージのすごいところはやはり店内ATMでセルフでチャージが可能だという点です。

チャージをしたいがために”レジ待ち”することもなく、時間もたったの40秒ほどで終わります。

また、「セブン銀行ATM」であればチャージが可能なので、セブンイレブンだけでなくショッピングモールや駅構内にあるセブン銀行ATMからでも電子マネーやキャッシュレスのチャージが可能となります。

この記事を読んだ機会に、ぜひセブンイレブンで電子マネーをチャージしてお買い物してみてはいかがでしょうか。