セブンイレブンへ書き込みや電話でクレームや苦情を入れる対応窓口

全国に約5万店あると言われているコンビニ。世の中にたくさんあるお店だからこそ「○○店は接客が良いけど、××店は態度が悪い」など比較してしまうこともあります。

あまりに度を越えていてお店ではなく本部にクレームを入れたい時も。

今回はセブンイレブン本部や店舗ににクレームを入れたい時のクレームを入れる電話(電話番号掲載)や書き込みの方法と対応窓口がどこかをご紹介いたします。

セブンイレブン本部へクレームや苦情を入れる方法

まずセブンイレブン本部にクレームを入れたいと思った時に、クレームを入れる方法は2つあります。

  • お問い合わせ対応窓口に電話をする
  • お問い合わせフォームに内容を書き込み送信する

これらそれぞれの方法でのクレームの入れ方について見てみましょう。

電話でクレーム/苦情を入れる

セブンイレブンでは商品や店舗に関するクレームを含むお問い合わせをクレーム係のような場所に電話で話すことができます。

電話番号は以下となります。

セブンイレブンお客様相談室
電話番号:0120-711-372(月曜日~金曜日 9:30~17:00)

お問い合わせフォームに書き込みクレーム/苦情を入れる

お問い合わせフォームに「店舗名」と「ご意見・お問い合わせ内容」を書き込み送信してクレームを入れる方法もあります。

まずはじめにセブンイレブンの商品や店舗に関するお問い合わせフォームを開きます。

お問い合わせフォームに書き込みクレームを入れる方法

①フォームを開く前に「お問い合わせ同意」画面が表示されるので、内容を確認し「同意してフォームに進む」ボタンを選択します。

②お問い合わせフォームに必要事項を書き込み「送信」ボタンを選択するとクレームの送信完了となります。

匿名でも書き込み可能

こちらのお問い合わせフォームに書き込んでのクレームは匿名でもクレーム(ご意見)を送信することができます。

匿名でクレームを書き込む方法

お問い合わせフォームの中で回答を希望する・希望しないの選択があります。「希望しない」を選択することで名前やメールアドレス、電話番号を書き込まずにクレームを送信することができます。

意見だけ伝えて、回答は希望しない際にご活用ください。

回答を希望した場合メールでやり取りできる

メールでクレームを入れる方法

また、回答を希望した場合にはメールアドレスや電話番号を入力することになりますが、受付けた問い合わせについてセブンイレブン本部からメールで回答があります。

メールでの回答後はメールでのやり取りになるため、より詳細にメールでクレームを入れることも可能となります。

メールでやり取りを希望される方はお問い合わせフォームで回答を「希望する」にして送信しましょう。

クレーム内容は配送関連の内容でもOK

電話とフォームへの書き込みにてセブンイレブンに入れるクレームですが、その内容は商品や店舗に関することだけでなく、配送に関する内容でもご意見を送ってOKです。

セブンイレブンの配送トラックが駐車場で停車中アイドリングで音がうるさいや配送トラックが居て駐車場がいつも満車だけどどうにかならないかなどなど、改善して欲しいことや困っていることも伝えることができます。

クレーム/苦情を入れた後の流れ

セブンイレブン本部や店舗にクレームや苦情を入れた後の流れは、そのクレームの内容によっても異なってきます。

例えば、購入した商品に異物が入っていたというクレームを入れた後の流れは以下のようになります。

  1. 商品の製造業者から折り返しのご連絡が入ります。
  2. 商品の製造業者の責任者または担当者がお詫びをしに来ます(わざわざ来なくても良いということは言えます)
  3. 後日、異物混入の経緯や混入されていた異物が何だったのかなど調査した報告書が届きます。

お詫びの訪問は断ることもできる

商品に関するクレームを入れた場合はその商品を製造した業者が受け付けたクレームの処理を担当します。

スタッフとのトラブルや店内でのトラブルなど店舗に関するクレームの場合は店舗の責任者(店長またはオーナー)が受け付けたクレームを処理します。

その時に「お詫び」としてクレームを入れた方の自宅や会社などお客様の指定した場所へ謝りに来ることがあります。

そこまでしてもらわなくても良いという時にはこのお詫びの訪問は断ることも可能です。

よくあるクレーム/苦情の内容

さてここまでセブンイレブンへクレームを入れる方法を見てきましたが、あなたが今、入れようとしているクレームは何でしょうか?

購入した商品の賞味期限が切れていた、欲しいあの商品がいつも無いなどなど。

接客時のクレームが圧倒的

筆者はコンビニで10年ほど勤務をし、自分が頂戴したクレームやスタッフに届いたクレームなど様々なクレーム(お客様からのご意見)を見てきました。

その内容は商品に関することもありましたが、やはりレジでの接客時のクレームが1番多かったです。

「接客時」と言っても幅が広いですが、レジでお会計を間違え、お客様に損をさせてしまいかねないオペレーションをおこなってしまった時が1番クレームに繋がりやすかったです。

店員さんの態度が悪いとき

また、接客時や店内で店員さんの態度が悪かったというクレームを自分がいた店でも、他の店でも見たことがあります。

いまこの記事を読んでいる方も当然そうだとお思いだと思いますが、態度が悪いというのはそもそもおかしな話です。

もし、店員さんの態度が悪かったと感じたら、この記事を読んだ機会にぜひご意見を送ってみてください。