リモートワークにも便利なコンビニで販売しているイヤホンまとめ

プロフィール

プロフィール

コンビニ.com(以下、本サイトとする)にご来店いただきありがとうございます。
私、本サイトの店長をしております、もとてんちょーと申します。
なんかややこしいので簡単に申し上げると本サイトの管理人および筆者です。本サイトに掲載されている記事は全て私が投稿しております。

 

コンビニ勤務歴約10年の元店長

私は約10年ほど某コンビニエンスチェーンにて勤務をして内6年は店長をしておりました。そこのお店のオーナーさんが数店舗経営を行っていたので、私も何店舗かで店長を経験させていただきました。
現在は普通のサラリーマンをしています。

このサイトを作成したのには、少なからず理由があります。サラリーマンをやっていて思いますが、土日祝日は休み。有難いことに今の世の中少しずつ残業は悪いことというような見方になってきて残業もほぼなし。
かたやコンビニ時代は週6日勤務。1日出勤すればワーカーとして10時間勤務をし、半日は店にいました。なんの仕事もそうかもしれませんが、ある程度の仕組みを作ってしまえば少しラクはできます。月で200時間以上働いていましたが毎年旅行にも行けていました。

 

コンビニを辞めた理由

世間の皆さんのコンビニで働く人に対するイメージってどういったものでしょうか。

今はわからないのですが、高校生や大学生は面接の時には明かしませんが、慣れてくると「実はあの時、なんだかラクそうだから応募しました(笑)」なんて会話があったりします。

もしかしたら、世間のイメージがそうなのかもしれません。実際の業務内容はたしかにラクかもしれません。お客さんのレジ応対をして、品物が納品されればそれを棚に陳列して、あとは掃除があって・・・と、頭をすごく使うような仕事ではありません。

体力や力もそんなに必須ではありません。

ちなみにこれも世間様のイメージにあるかどうかわかりませんが、コンビニエンストアの経営はそこそこ儲かります。私も将来は自分のお店を持つことが夢でしたし、そうなるように人を少しずつ育てていたつもりです。

しかし、なぜ夢もありながら辞めて、現在サラリーマン、いわば会社員をやっているかというと・・・

端的に申し上げると未来が見れなくなったからです。

365日24時間営業のお店の責任者。自分がシフトに入ってようが、入ってなかろうが何か起きた時の責任は全て自分。そういった”責任”というものをいつからか”リスク”と捉えるようになってしまっていた自分がいました。

先程毎年旅行にも行けていたと触れたのですが、その旅行中も必ず何かしら電話が入ります。

「17:00からシフトの◯◯さんが来ていない」

「週末のセールに向けて発注はどうするか」

などなど。旅行に行く前に指示書のようなものを出していてもやはり24時間営業のお店なのでそんなに毎日トラブルがあるわけではありませんが、何か起きるときは起きます。

それが非常に”リスク”と感じるようになりました。

いわば何かあったときにその自分の休みだとか予定だとかは何も保証はされていないんです。お店で何か起きたら全てが水の泡。そんなことは責任者なら当たり前という捉え方なんですが、そういった責任だなんだというのに疲れ、逃げて辞めたというのが本音です。
この先、自分に子供が生まれたときに立会いや子育てにしっかりと参加ができるか。親の法事などがあったときに休みは取れるのかとか、今風に言うとワークライフバランスってやつですね。それが気になり辞めました。

 

コンビニの”便利さ”を発信してお客さんにもお店のためにも

そして、話を戻しなぜそのコンビニを辞めた身でコンビニに関する記事を投稿するサイトの運営をしているのかというと・・・

なんだかんだコンビニの店員さんの大変さがわかっているからです。

その前述したようになんだかラクそうとコンビニの業務に対するイメージってあるかもしれませんが、意外と大変な面もあるんです。とにかく扱っているサービスの数が多い。宅急便の受付やチケットの販売、さらには電気料金や水道料金などの支払いの代行。そういったサービスは消費者、コンビニの利用者からすれば大変便利なものです。

しかし、これってお店の人とお客さんがそのオペレーションをわかっていないと意味がないんです。

新しく始まったサービスなんてものはお客さんはまずわからないですよね。それを利用したくて店舗を訪れて店員さんに聞いたけど、お店の人もわからなくて結局利用できなかった。あとは、サービスの説明をしたいんだけど、お店が混んでいて時間が取れずサービスを利用したいお客さんが利用できなかったなど。

私がとくに心残りなのはご年配の方が、コピーの取り方がわからないから教えてくれる?といったお問い合わせなどにお店が忙しくて対応できなかったことです。
いいのよー、またくるわねー。と笑顔で言ってくださる方が多かったですが、やはり不甲斐なさを感じました。

本サイトを作成した真意はそういったコピー機操作方法や例えばチケットの購入方法などがインターネットで検索してわかりやすく、説明されている記事があったらお客さんにもお店側の人の為にもなるんではないかなと感じたからです。

なんだかんだ約10年勤めたコンビニにまだ愛着があるんですね。
その時の経験からお客さんもお店側も少しでもラクになる人を増やしたい。そんな想いからこのコンビニ.comを2019年8月に立ち上げました。

大変長くなり、まだまだなサイトですが、今後ともコンビニのコンビニエンスをご紹介して参りますので、よろしくお願いいたします。

良ければツイッターのフォローをお願いしますm(__)m

もとてんちょー@コンビニ.comさんをフォローする