ローソンでチャージできる電子マネー一覧【SuicaやWAONなど多数】

 

電子マネーやクレジットカードなどのいわゆる「キャッシュレス」で買い物をする方が増えていると感じます。

“キャッシュレス還元”でお得に、”かざすだけ”で便利にお買い物できるキャッシュレス。

そんなキャッシュレスで気になるのが残高管理ではないでしょうか。

オートチャージや銀行口座との連携をしていない場合、キャッシュレスの残高によってお買い物の際に少し冷や冷やすることはないでしょうか。

 

チャージしておきたいけど、どこでチャージができるの?

 

キャッシュレスのチャージに関する問題はコンビニのローソンに行けば解決されます。

今回はローソンでチャージできる電子マネーなどのキャッシュレスをまとめてご紹介いたします。

 

ローソンでチャージできる電子マネー/キャッシュレス一覧

 

まずはじめに、ローソンでチャージが可能なキャッシュレスをまとめてご紹介いたします。

ローソンでチャージできるキャッシュレスは以下のようになります。

 

チャージ可能なキャッシュレス

これらのキャッシュレスは全国のローソンにてチャージが可能です。

 

Suicaやnimoca/SUGOCAなどの交通系電子マネー

 

 

ローソンではSuicaやnimoca/SUGOCAなどの”交通系電子マネー”や”ICカード”と呼ばれる電子マネーのチャージが可能です。

地域により使用している種類が異なりますが、ローソンでは概ね主要な交通系電子マネーはすべてチャージが可能です。

 

●ローソンのSuicaなど交通系電子マネーのチャージ方法

ローソンでのSuica/モバイルSuicaやnimoca/SUGOCAなどの交通系電子マネーのチャージは簡単でレジに行き、店員さんにチャージの旨を伝えるだけです。

 

交通系電子マネーのチャージは最低1,000円からで

 

[1,000円]・[2,000円]・[3,000円]・[5,000円]・[10,000円]

 

レジ液晶画面表示されるボタンからご希望のチャージ金額を選択します。

 

チャージ金額の選択後は、そのままレジにてチャージ金額に対するお会計をおこないます。この時お会計は現金払いのみとなります。

チャージ金額の選択の際にご希望の金額が存在しない場合は(例えば4,000円や6,000円チャージしたい場合)選択できる金額で2回チャージする必要があります。ご了承ください。

なお交通系電子マネーは残高が2万円を超えるチャージはできません。例えばすでに15,000円残高のあるSuicaに10,000円チャージをすることはできません。ご了承ください。

ローソンでのSuicaなど交通系電子マネーのチャージ方法や使い方はこちらの記事をご覧ください。

Suicaのチャージができるコンビニまとめ【使い方やチャージ方法】
  コンビニで交通系電子マネーのsuicaの利用、チャージができるのはご存知でしょうか? 今回はそのsuicaのコンビニでの使い方やチャージ方法をまとめてご紹介...

 

PASMOが使えるコンビニ【チャージ方法/ATMチャージも可能】
PASMOはコンビニで買い物に使えて、チャージまでできる。利用やチャージに関する上限額やレジチャージ、ATMチャージ方法、さらにはポイント還元キャンペーンについても掲載しています。

 

WAONや楽天Edy/エディ

 

 

イオンや系列の店舗で利用が可能な電子マネー「WAON」や電子マネーの先駆けとなる「楽天Edy」のチャージもローソンで可能です。

 

●ローソンのWAON/楽天Edyのチャージ方法

WAON・楽天Edyも交通系電子マネー同様にレジにてのチャージとなります。

 

WAON・楽天Edyのチャージも最低1,000円からで

 

[1,000円]・[2,000円]・[3,000円]・[5,000円]・[10,000円]

 

レジ液晶画面表示されるボタンからご希望のチャージ金額を選択します。

 

ボタンにてチャージ金額を選択した後お会計をします。チャージのお会計は他のお会計と一緒にすることはできず、現金のみでのお支払いとなります。

WAONは49,000円/1回・残高上限50,000円

楽天Edyは25,000円/1回・残高上限50,000円

のチャージ上限額が設けられています。

 

au WALLETやラインペイカードなどのプリペイドカード

 

 

au WALLETやラインペイカード(LINE Pay)、さらにはdカードプリペイドなどのチャージして使うタイプのクレジットカードのチャージも可能です。

これらはそれぞれがクレジットカードとしても利用が可能ですが、それぞれに「バーコード決済」サービスもあることから、どちらにもチャージが可能ということになります。

 

例えば…

 

au WALLETなら → au PAY

 

ラインペイカードなら → LINE Pay

 

dカードプリペイドなら → d払い

 

というようにローソンでカードにチャージした分はスマホのバーコード決済でも使うことができます。

 

●ローソンのau WALLETやラインペイカードなどプリペイドカードのチャージ方法

ローソンでのau WALLETやラインペイカードなどのプリペイドカードのチャージ方法もレジにて店員さんに対応してもらいます。

  1. レジにてチャージを申し出る
  2. チャージ金額を伝える
  3. お会計をする

この3STEPでチャージできてしまいます。しかもプリペイドカードのチャージの場合、最低1,000円からで1円単位でのチャージ金額の設定が可能です。

 

●各種プリペイドカードのチャージ限度額

プリペイドカードは他の交通系電子マネーやWAONや楽天Edyに比べて、チャージの限度額が高い金額に設定されています。

クレジットカードとして使用できることから5万円・10万円など高額のチャージをおこないたい場合もあるかもしれません。

ローソンでのプリペイドカードへのチャージ上限額は

  • ラインペイ → 49,000円/1回
  • au WALLET → 50万円/1日
  • dカードプリペイド → 49,000円/1回

となっています。高額なチャージが希望の場合は49,000円のチャージが複数回必要になります。

なおプリペイドカードにはチャージ上限額の他にカードの残高上限も設けられており、ラインペイはユーザーの設定によって異なりますが、残高がau WALLETは100万円、dカードプリペイドは30万円を超えるチャージはできないようです。(各種公式サイト調べ)

 

最後に:チャージ後の返金はできないので注意

 

ローソンでチャージが可能な電子マネーなどのキャッシュレスの種類やチャージ方法についてご紹介いたしました。

最後になりますが、キャッシュレス端末へのチャージ後の返金は一切受けられないとのこと(ローソン公式サイト調べ)なので、しっかりと使う分だけチャージすることをオススメいたします。

この記事を読んだ機会にお得なキャッシュレスをローソンでチャージして、お得に使ってみてはいかがでしょうか。