【最新版】ローソンで住民票を発行する際の受付時間や取り方をご紹介

ローソンで住民票がとれる

 

 

日本全国で約16,000店舗(2020年5月調べ)展開しているコンビニのローソン。

なんとそのローソンで住民票(住民票の写し)が取れるとのことなので、取得に必要なもの受付時間はあるのか、レジで受付するの?などの疑問をご紹介いたします。

住民票は引っ越しによる住所変更の際やパスポートや、運転免許証などの申請書、さらには就職、転職時に必要なことがありますが、なかなか役所が遠かったり、仕事が忙しかったりで取りに行くのが面倒なときありますよね…それが近くのローソンで取れたらどんなにラクか…

便利になったイマそんなことができてしまうんです。それではローソンで住民票を発行する際の概要を見ていきましょう。

本記事ではローソンでの住民票発行に関する概要説明をしております。

ローソンでの住民票発行のに操作方法をお探しの方は、実際の操作画面を写真でわかりやすく解説している記事もご用意しておりますので、そちらをご覧ください。

ローソンで住民票・印鑑証明書の発行する際のコピー機の操作方法
ローソンで住民票の写しがとれる  コンビニのローソンで住民票(住民票の写し)の発行が可能なんですがこれが意外とやったことないとなかなかうまく発行までいかなかったり・...

 

ローソンの店内コピー機にて住民票発行が可能

近くのローソンで住民票を取ろう!と思い立ったら、まず店舗に入って、店内のピー機(マルチコピー機)を探しましょう。

あまりコピー機になじみのない方からすると「え、コピー機で住民票の発行ができるの?」と思うかもしれません。今日におけるコンビニのコピー機は「マルチコピー機」と呼ばれ、書類を白黒やカラーでコピーするための、ただのコピー機ではなくほんとうに「マルチ」な端末になってきています。

住民票はそんなマルチなコピー機にて発行します。

1点だけ注意で、常に進化しているローソンのコピー機ですが、現在電子マネーやクレジットカードには対応していないようです。(2020年5月現在)

 

本籍やマイナンバーなど記載事項も選択可能

 

はじめにこの住民票の中身の説明として、ローソンでも各市区町村、お住いの自治体の役所で発行する住民票と全く同じものが発行可能です。〇〇区、○○市などが入った書式・レイアウトで住民票が発行されます。

さらに各種選択メニューもわかりやすく、充実しています。

 

↑これは実際のローソンのマルチコピー機で住民票発行をする際の画面の画像なのですが、このように

●世帯主・続柄の記載

本籍地・筆頭者の記載

●個人番号(マイナンバー)の記載

[有・無]で選択可能になっています。住民票ってなにも全て載っていればいいってわけではない時もありますよね。完全なる個人情報ですので、できれば必要とされている情報のみの記載がいいですよね。

 

住民票の写しだけではなく記載事項証明書も発行可能

 

↑この行政サービスは住民票の写しの発行だけではなく、住民票記載事項証明書の発行が可能です。

必要なものや料金、受付時間などはこの記事で紹介している住民票の写しの取得に関する情報と全く同じです。

 

ローソンの住民票発行に受付時間はあるの?

いくら24時間営業、年中無休のローソンさんでも住民票の発行は何時から何時までと時間が決められているんでしょ?と思うかもしれません・・・

そうなんです、受付時間といいますか利用可能時間というのがありまして

午前6時半~午後11時(12月29日~1月3日を除く)

この時間、期間が基本です。

店舗の営業時間が24時間で上記の時間内で発行可能!

だからコピー機の利用が混雑していても大丈夫です。しかも年中無休!土日祝日も住民票の発行が可能です。

自治体によっては対応していない、利用時間が異なる、といった場合もあるそうなのでお住いの市区町村の自治体がこのコンビニでおこなえる「行政サービス」について対応しているか調べてみてください!

https://www.lg-waps.go.jp/index.html

「コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付(コンビニ交付)ホームページ」

 

ローソンで住民票取得に必要なもの

 

ローソンで住民票を発行する際には必要な持ち物があります。もちろん料金が発生するのでお金、現金を用意します。ローソンでも各自治体の役所で住民票を発行した際の料金と同額です。

 

ローソンでの住民票発行にはマイナンバーカードか住基カードが必要

 

もう一点発行に必要なものがマイナンバーカード、もしくは住民基本台帳カード(住基カード)です。

なぜ、マイナンバーカードもしくは住基カードが必要なのかという仕組みは、店内のマルチコピー機にマイナンバーカード、もしくは住民基本台帳カード(住基カード)をかざしカードに内蔵されているICチップで住民票の基となる情報の読み込みをおこないます。

この仕組みが意外と重要でマイナンバーカードと「マイナンバー通知カード」を勘違いしているかたもいるかと思います。わかるかと思いますが「通知カード」はペラペラでICチップは入っていません(笑)

なので マイナンバーカード = 通知カード となっているかたはお気を付けください。ちなみにマイナンバーカードは個人番号カードともいうみたいですね。

必要なものは マイナンバーカード or 住基カード です。

 

ローソンで住民票発行に必要な金額、手数料は?

 

これでローソンで住民票が発行できる便利さがお判りいただけたかと思うのですが、便利なのはいいけど、料金が少し割高であったり、手数料がかかったりするんではないかとお考えになる方もいるかと思います。

 

ローソンでも役所と同額で住民票の発行が可能

 

しかし、ご安心ください。お住いの自治体の住民票の写しの取得が1部税込み300円であれば、ローソンで取得するのも税込み300円です。

このサービスは「行政サービス」といってローソンやコピー機のメーカーであるSHARPが管理しているのではなく、完全にお住いの地域の自治体が管理しています。詳しく言えば地方公共団体情報システム機構というところが管理しています。

なのでローソンで住民票を発行しても手数料もかからず、役所で発行した際と料金は同額です。

 

まとめ

 

ここでローソンで住民票(住民票の写し)の発行方法をまとめましょう!

 

発行は店内「マルチコピー機」で!

時間と期間は午前6時半~午後11時(12月29日~1月3日を除く)
(土日、祝日対応)

「行政サービスに」対応しているかはお住いの自治体HPで確認

マイナンバーカードもしくは住基カードのどちらかが必要!
(「通知カード」では発行不可!)

最後に

 

コンビニのローソンでの住民票(住民票の写し)の発行、取得についておわかりいただけたでしょうか?

住民票発行の各店舗の対応については店舗というより自治体が対応していないと発行不可のようです。詳しくは地方公共団体情報システム機構の運営サイトでご確認ください。

https://www.lg-waps.go.jp/index.html
「コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付(コンビニ交付)ホームページ」

店内のマルチコピー機にて自身で操作し発行することに抵抗や店員さんに聞きたくても忙しそうとか、聞いたけど店員さんが知らなかったなどあるかもしれません。

でも役所に行って住民票(住民票の写し)1枚に20分、30分待つことや役所そのものが遠いなんてことありませんか?

この記事を読んだあなたはもう大丈夫!近くのローソンでいつでも住民票が発行できます。

これで引っ越しの際の住所変更時やパスポートなどの各申請手続きの際に必要になっても大丈夫ですね。

ぜひそんな際はお近くのローソンで住民票(住民票の写し)発行してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事でローソンでの住民票発行の手順/操作方法、マルチコピー機のやり方を写真付きで紹介していますので、実際にローソンに住民票の発行へ行く際にチェックしてください!

 

https://www.convenienterprise.com/lowson/citizencard-flow-2/