ファミマTカードとファミマで使えるクレジットカード支払いまとめ



いきなりですが、ファミリーマートでお得に利用できるクレジットカード

「ファミマTカード」

はご存じでしょうか。時代も変化して日本も現金社会からキャッシュレス社会に変化しようとしている昨今。

ファミリーマートでのご利用になるキャッシュレスの選択の中で「ファミマTカード」のクレジット払いは非常に優れていると考えられます。

今回はそんな「ファミマTカード」のクレジット払いがどれだけお得なのかに加えて、ファミリーマートで利用できるクレジットカードの種類や使い方、サインやクレジットカードで購入できないものやサービスなどをご紹介いたします。

この記事では、はじめにファミマTカードの概要やお得情報について記載しています。「ファミリーマートでのクレジットカードの使い方」や「ファミリーマートで使えるクレジットカードの種類」などをお探しの方は↓の [もくじ] のリンクから遷移していただけます。

ファミマTカードとは

まずはじめに「ファミマTカード」についてご紹介いたします。

ファミマTカードは文字通りファミリーマートが発行するクレジットカードです。厳密にはポケットカード株式会社というカード会社が発行しています。

↑ カードのデザインを見ていただいてもわかるように”ファミマ感”が感じられるクレジットカードです。

そんな”ファミマ感”があるクレジットカードだからこそ、ファミリーマートでの利用でお得なことがたくさんあるんです。

ファミマTカードの基本情報

ファミマTカードの基本情報は以下のようになります。

カード名称 ファミマTカード(クレジットカード)
発行ブランド JCB
お申込み資格 18歳以上(高校生除く)の方
入会金・年会費 無料
追加可能なカード ETCカード(入会金・年会費無料!)
ネットサービス ご利用代金明細書照会や各種登録変更等のサービスをご利用いただけます。

●ファミマTカードは入会費・年会費が無料

このファミマTカードの特徴は年会費・入会費が無料なところだと感じます。クレジットカードは持っていることで入会費が無くても年会費があったりしますよね。

年間のご利用金額に応じて年会費が無料になるカードも多いですがファミマTカードのクレジットカードは年間ご利用金額も関係なくずーっと年会費・入会費が無料のカードです。

●Tポイントカードとしての役割にも

年会費・入会費無料で持っていて損のないクレジットカードなのですが、やはり使う機会が無いんだったら持っていても仕方ない。とお考えになる方もいると思います。

ファミマTカードのクレジットカードはクレジット機能を使わなくても「Tポイントカード」としての機能もあるんです。

↑ ファミマTカードのクレジット払いを利用しなくてもファミリーマートやTポイントの提携店にてファミマTカードを提示すると基本的に200円のお買い物ごとに1ポイントのポイント還元を受けることができます。

なので、ファミマTカードはクレジット払いをあまり利用する機会が無くても「Tポイントカード」としての役割も果たしてくれるんです。

ファミマTカードのご入会は以下のURLから行えます。

カードを作る|ポケットカード株式会社
https://ftcard.pocketcard.co.jp/card/

ファミリーマートでファミマTカードのクレジット払い利用でTポイントが最大2%還元

ファミマTカードをファミリーマートでご利用すると何がお得なのかというと、やはり1番は還元率があげられます。

↑ ファミリーマートでファミマTカードのクレジット払いを利用するとTポイントが最大2%貯まります。この2%という還元率は

“Tポイントカードの提示でポイントが貯まるものでの還元”

“ファミマTカードのクレジット払いによっての還元”

を掛け合わせての還元になります。これを見て何のことだかわからないという方も多いと思うので詳しくご紹介いたします。

●ファミリーマートでTポイントが貯まるもの/貯まらないもの

ファミリーマートでのお買い物の際に「Tポイントカード」を提示することによってポイントを獲得することができます。

今回ご紹介している「ファミマTカード」以外のTポイントカードの提示でもポイントが貯まります。

そんなファミリーマートのお買い物の際にTポイントカード提示した時

200円のお会計金額ごとに1ポイントのTポイントが付与されます。

例えば…ファミリーマートで500円のお買い物した際にTポイントカードを提示した場合、2ポイントのポイント付与がおこなわれます。

このTポイントカードの提示でのポイント付与には一つ注意点がありまして、それは

ポイント付与の対象にならない商品・サービスがある

ということです。ファミリーマートでのお買い物やお支払いすべてに対して200円ごとに1ポイントのTポイントの付与があるわけではないということです。

ファミリーマートのお買い物やお支払い時にTポイントカードの提示でポイントが貯まるもの/貯まらないものの区分は以下のようになります。

食品
日用品
雑誌・書籍・新聞
ゲーム・Blu-ray・DVD・CD
ギフト・年賀状印刷代(はがき代は除く)
タバコ ×
切手・はがき・印紙 ×
代行収納(電気代・ガス代・水道料金等) ×
代行収納(税金等) ×
代行収納(上記以外 クレジット返済・寄付等) ×
宅急便・宅急便コンパクト送料
カード類(QUOカード) ×
カード類(POSAカード・テレフォンカード) ×
ゴミ処理券(粗大ゴミ券・事業ゴミ券) ×
チケット現券(東京ディズニーランド地域券等) ×
ギフト券(ハーゲンダッツ等) ×
チャージ代金:Tマネー/楽天Edy/WAON/交通系マネー ×
(Suica・Pasmo・ICOCA・TOICA・Kitaca・SUGOCA・nimoca・はやかけん)
Famiポート・サービス ×

↑ 〇が付いている物はファミリーマートでTポイントカードを提示した際に、ポイントが貯まる。×が付いている物はファミリーマートでTポイントカードを提示した際に、ポイントが貯まらない。となっております。

以上が“Tポイントカードの提示でポイントが貯まるものでの還元”となります。

●ファミマTカードのクレジット払いによっての還元

ファミマTカードはポイントカードの提示で貯まるポイントとさらに

クレジット払いでの還元で貯まるポイント

があります。このファミマTカードのクレジット払いで貯まるポイントも「Tポイント」です。

なのでファミリーマートでファミマTカードのクレジット払いで買い物をすることで”ポイントが貯まるもの”であればTポイントの2重取りをすることができるんです。

ファミマTカードはクレジット払いの利用200円ごとに1ポイントのポイント還元が受けられます。

これはファミリーマート以外でもJCBの加盟店での利用で貯まります。

この内容が“ファミマTカードのクレジット払いによっての還元”となります。

ファミマTカードは「ファミペイ」をチャージできる唯一のクレカ

ファミマTカードについてのご紹介で最後にご紹介したい内容が

ファミマTカードは「ファミペイ」をチャージできる唯一のクレジットカード

ということです。クレジットカードと同様にキャッシュレスの仲間で「バーコード」支払いのキャッシュレス、ファミペイ

このファミペイも名前からもおわかりの通り、ファミリーマートが展開するキャッシュレス決済です。

ファミペイとはスマートフォンの画面にファミペイアプリからバーコードを表示させて、そのバーコードを読み取って支払いをするバーコード決済型のキャッシュレスです。※2020/01現在ファミリーマートでしかご利用できません。

このファミペイにはチャージが必要になります。ファミリーマートの店頭レジでもチャージが可能なのですが、クレジットカードからもチャージが可能です。

しかし、このファミペイのクレジットカードを使ったチャージは利用できるカードが決められていて、そのファミペイにチャージが行える唯一のクレカが「ファミマTカード」となります。

ファミマTカード×ファミペイをファミリーマートで利用することによって通常のポイント還元よりもお得な還元を受けることができます。

ファミペイについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

ファミペイ大全【アプリの使い方や登録方法などファミペイを徹底紹介】
ファミリーマートのキャッシュレス「ファミペイ」の登録方法やアプリの使い方、チャージ方法、ボーナス/クーポンの使い方、ポイントの連携、ポイントのため方、使い方をまとめてご紹介。ファミペイまるわかりのファミペイ大全です。

ファミリーマートでのクレジットカードの使い方

ここまでファミマTカードの概要とお得な情報をご紹介してきましたが、ここからはファミマTカードも含めた「ファミリーマートでのクレジットカードの使い方」についてご紹介いたします。

ファミリーマートでのクレジットカードを利用しての買い物の仕方はとても簡単です。

レジでのお会計時に店員さんにクレジットカードを渡すだけ

となります。クレジットカードを店員さんに渡して「会計カードでお願いします」と言えば、渡したカードで会計を行ってくれます。

ファミリーマートでクレジット払いを利用する際の注意点

ファミリーマートではお会計の際に、店員さんにクレジットカードを渡して、かんたんに会計を済ませてもらうことができますが、ファミリーマートでこのクレジットカードで支払いをする際には注意点が4点あります。

①支払い回数は1回/リボ払いの選択はできない

ファミリーマートでクレジットカード払いをする際の注意点のひとつ目が支払い回数についてです。

コンビニ以外でクレジットカードを利用する際

「支払い回数はどうされますか?」

と飲食店や百貨店などで聞かれることはないでしょうか。

ファミリーマートでクレジットカードで支払いをする際は支払い回数の選択がありません。

支払い回数の選択は1回払いしかできないため、支払い回数を聞かれることはありません。

ファミリーマートでのお会計時にクレジットカードの支払い回数を選択することはできませんが、ご利用のクレジットカードの設定から「リボ払い」などの複数回払いを選択することは可能です。

②4,000円以上の利用でサインが必要/暗証番号入力

ファミリーマートでクレジットカード利用して支払いをする際にはサインが必要になる場合があります。

クレジットカードでのお支払いが一回で4,000円以上の場合カード会社控えにサインを書いていただくことになります。

レシートのような用紙にサイン欄があり、そこにサインを書きます。

さらにはカードを自身で読み取る形のレジでは一回のお会計10,000円以上のカードのご利用の際にカードの暗証番号の入力が必要になります。

③クレジットカードで購入できないもの/支払いできないもの

本記事上部にてTポイントの貯まるもの/貯まらないもののご紹介をさせていただきましたが、ファミリーマートでクレジットカード払いを利用する際にも

クレジット払いで購入できるもの/購入できないもの

というのがあります。ファミリーマートで取り扱いのある商品やサービスすべてにクレジットカード払いが利用できるわけではありません。

ファミリーマートでクレジットカードで「購入できないもの/支払いできないもの」というかたちで“購入/支払いできない”商品とサービスをご紹介いたします。

●お酒やたばこはクレジット払いで購入できる

ファミリーマートでクレジットカードで購入できないもの/支払いできないものは以下のようになります。

・公共料金等の各種代金お支払い
・Famiポート取扱い商品・サービス(チケット※を除く)
・プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
・宅急便・宅急便コンパクト送料
・切手・はがき・印紙類
・ゴミ処理券等の金券類
・一部の自治体指定ごみ袋
・電子マネーチャージ
・コピー、FAX

上記の商品やサービスのお会計をクレジットカード支払うことはできません。見ていただくと切手やはがきの購入時にクレジットカードの利用ができませんが、免許品であるお酒やたばこの購入は可能です。

これはファミマTカードのクレジットカード以外のクレジットカードのご利用の際にファミリーマートで購入できないもの/支払いできないものとなります。

●ファミマTカードのクレジット払いでだけ支払いできる商品やサービスがある

上記に記載したファミリーマートでクレジットカードで購入できないもの/支払いできないものの「クレジットカード」に「ファミマTカード」は含まれません。

ファミリーマートでクレジットカードで購入できないもの/支払いできないものは「ファミマTカード」だけ例外があります。

ファミマTカードだけがクレジット払いを許されている商品やサービスがあります。

それが

●公共料金等の各種代金お支払い

●宅急便・宅急便コンパクト送料

●切手・はがき・印紙類

●プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)

の購入や支払いです。ファミマTカード以外のクレジットカードでは上記の4点の購入や支払いができませんが、ファミマTカードのクレジット払いを利用すれば購入/支払いをすることができます。

ファミリーマートでファミマTカードのクレジット払いで購入できないもの/支払いできないものは以下のようになります。

・Famiポート取扱い商品・サービス(チケット※を除く)
・ゴミ処理券等の金券類
・一部の自治体指定ごみ袋
・電子マネーチャージ
・コピー、FAX

↑ ファミマTカード以外のクレジットカードで支払いができないものに対して支払いできない商品やサービスが減ったことがわかります。

④他の支払い方法との併用ができない

ファミリーマートでクレジット払いを利用する際の最後の注意点が

ファミリーマートでクレジット払い利用時に現金や他のキャッシュレスと併用ができない

ということです。

これが、どういうことかというと

例えば…ファミリーマートでSuicaで買い物の支払いをした際に、そのSuicaの残高が足りなかったとします。500円の買い物をして、Suicaの残高が300円だったとします。

↑ こういった時、実はSuicaに入っている300円を引いて、残った200円を現金で払うということができるんですが、クレジットカード払いの場合はできません。

ファミリーマートでクレジット払いを利用する際は全てのお会計金額を一回でクレジット払いしなければいけません。

ファミリーマートで使えるクレジットカードの種類

ここまでファミマカードの概要やファミリーマートでのクレジットカードの利用方法をご紹介してまいりました。

「クレジットカード」

ここで急ではありますが現在、「クレジットカード」には様々な種類があるのはご存じでしょうか。

銀行の口座から直接引き落としされるデビットカードやチャージ式のプリペイドカードなどクレジットカードにも種類が増えましたよね。

では、ファミリーマートで使えるクレジットカードの種類はどうなるのでしょうか。

ファミリーマートで使えるクレジットカードの種類は以下のようになります。

・クレジットカード
・デビットカード
・プリペイドカード

これらの種類のカードをファミリーマートでクレジット払いとしてご利用いただくことが可能です。

↑ ファミリーマートで使える代表的なデビットカード「ジャパンネット銀行デビットカード」とプリペイドカード「au WALLETカード」

ファミリーマートで使えるカードブランド

ファミリーマートで利用できるクレジットカードを考えたときにデビットやプリペイドといったカードの種類も大事なのですが、一番大事なのは

どこのブランドのカードか

ということです。ファミリーマートで使えるクレジットカードはJCBやVISAといったカードのブランドで判断されます。

ファミリーマートでご利用可能なクレジットカードブランドは以下のようになります。

 JCB
 VISA
 Master Card
 アメリカン・エキスプレス
 ダイナースクラブ

これだけのカードブランドに対応しているということは、国内で利用可能なクレジットカードブランドがすべてご利用可能といった形となります。

さらにファミリーマートではUnion Pay銀聯カードやDISCOVERブランドのカードもご利用いただけます。

ファミリーマートで使えるクレジットカードはこちらに記載したカードブランドのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードがファミリーマートでご利用可能ということになります。

●デビットカードやプリペイドカードもクレジットカードと変わらない

デビットカードやプリペイドカードの利用の際もファミリーマートでは4,000円以上のお支払いでサインが必要になりますし、切手やはがきを買うこともできません。

デビットカードやプリペイドカードもクレジットカードご利用の注意点でご紹介した内容が適応されます。

最後に

ファミマTカードやその他のクレジットカードをファミリーマートで利用する際の使い方や注意点などご紹介してまいりました。いかがでしたでしょうか。

「キャッシュレス」という言葉が瞬く間に浸透し、同時に様々なキャッシュレス決済の方法が増えてきました。

ファミリーマートでお買い物する機会が多い方には「ファミマTカード」は大変おすすめなクレジットカードです。

ファミマTカードや他のクレジットカードをファミリーマートでまだ使ったことが無い方は、この記事を読んだ機会にぜひ、カード払いをご利用してみてはいかがでしょうか。