Amazonギフト券やカードが買えるコンビニ一覧と支払い方法

いきなりですが、インターネットショッピングをご利用したことはあるでしょうか?

その中でも「Amazon」をご利用したことはあるでしょうか?

商品の取り扱い点数が多く、価格も安く、配達も速いとインターネットショッピングの頂点に君臨し続けている「Amazon」

その商品の取り扱い点数は2億点以上と言われています。

そんなAmazonでお買い物をする際には、パソコンやスマホの中でクレジットカードを使って決済する方も多いかと思います。

しかし、クレジットカードも不正利用などの危険があり、クレカを作らない主義の方もいるかと思います。

そんなクレジットカードを持たない派の人にAmazonで買い物をする際におすすめなのが

「アマゾンギフトカード」

略して「アマギフ」とも呼ばれるアマゾンギフトカード。

アマギフとは…ギフトカードに記載されている番号をAmazonアカウント内に入力すると、そのギフトカードの金額分Amazonアカウントに反映され、Amazonでのお買い物のに支払い方法として利用できます。自分で使う際に買うのも良いですが、「ギフトカード」という文字通り、ちょっとしたギフト、プレゼントにもなります。

そんなアマギフ、実はコンビニで手軽に買うことができるんです。

今回はそんな「アマゾンギフトカード」を販売しているコンビニ一覧や、購入時に実は使えない決済方法があるので、「アマゾンギフトカード」をコンビニで購入する際の、使える決済方法などご紹介いたします。

※本記事は始めにAmazonギフト券の取り扱いのあるコンビニの紹介と各コンビニエンスストアで取り扱っているAmazonギフト券の種類の紹介をしています。「Amazonギフト券の購入方法」や「Amazonギフト券を購入する際の支払い方法」をお探しの方は↓の [もくじ] のリンクよりスキップしていただきますと、すぐにご覧いただけます。

Amazonギフト券/カードが買えるコンビニ一覧

まずはじめに、アマゾンギフトカードの販売を行っているコンビニをまとめてご紹介いたします。

アマゾンギフトカード販売を行っているコンビニは以下のようになります。

セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ポプラ

一部店舗にて品切れや、取り扱いがなく購入できない場合もありますが、このコンビニチェーンにてアマゾンギフトカードの購入をすることができます。

コンビニの売り場だけではなく電子端末からも購入可能

多くのコンビニチェーンにて販売されているアマゾンギフトカードですが、コンビニのどの売り場に販売されているかはご存じでしょうか。

↑ コンビニエンスストア店内の雑誌コーナーの近くなどでこういったカラフルなカードを見かけたことはないでしょうか。

↑ このカラフルなカードがギフトカードやプリペイドカード売り場になります。先ほどの画像の中ですと、アマゾンギフトカードは赤枠で囲ったところに陳列されています。

このようにコンビニ店内、雑誌コーナー付近にアマゾンギフトカードなどの「プリペイドカード」「POSAカード」と呼ばれるカードが並んでいることが多いです。

これらのコンビニ店内の売り場に展開されているカードの状態でアマゾンギフトカードを購入することもできますが、コンビニではさらにぺらぺらの紙(シート)にギフトコードが印字してあるアマギフを購入することもできます。

一体そのシートに印字してあるアマギフはどこの売り場にあるのかというと・・・

電子端末の中にあります。

さっぱり意味が分からなかったらすみません(笑)具体的にご紹介すると

セブンイレブンなら → マルチコピー機

ファミリーマートなら → Famiポート

ローソンなら → Loppi(ロッピー)

などの店内にある電子端末/マルチ端末からもアマゾンギフトカードの購入をすることもできます。

■なぜ販売方法を2通り用意してあるのか

ここで、なぜ雑誌コーナー付近と電子端末上でアマゾンギフトカードを購入できるようにしてあるか疑問にならないでしょうか。

カードタイプとシートに印字してあるものでそんなにこだわりがある人がいるの?

と筆者は疑問に思いました。調べてみるとそういったカードだとかシートだとかの形のこだわりとかではなく、ギフト券の金種/金額が異なるからでした。

セブンイレブンを例に出すと

セブンイレブンでカードタイプで販売されているアマゾンギフトカードは最低が1,500円からとなります。

しかし、マルチコピー機からのシートタイプでアマゾンギフト券を購入する場合は最低が2,000円からと微妙に扱っている金種が異なっていました。

この微妙な金種の違いもあり、ユーザーがより良い選択をしやすいようにカードタイプとシートタイプのアマギフの販売を行っているのかと考えられます。

●電子端末上でもアマギフが購入できるため売り切れの心配がない

あとはカードタイプのアマギフが売り切れていても、電子端末上で対応できることによって売り切れの心配がありません。電子端末上でもAmazonギフト券を購入できるコンビニであれば、いつ行ってもAmazonギフト券の購入をすることができます。

●カードタイプとシートタイプでは有効期限が異なる

さらにカードタイプとシートタイプのAmazonギフト券の比較を行うと、ギフトコード/ギフト券番号の有効期限に違いがあります。

POSAカードと呼ばれるカードタイプのAmazonギフト券の有効期限は購入から1年

電子端末上で手続きを行い発行するシートタイプのAmazonギフト券の有効期限は購入から3年

となっています。2種類の販売を行っているコンビニでは有効期限も短め・長めと使い分けられるのが嬉しいですね♪

コンビニで販売しているAmazonギフト券/値段の種類

続いて上記であげたアマゾンギフトカードを販売しているコンビニエンスストアの中からセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンそれぞれの取り扱いしているカードの種類をご紹介いたします。

セブンイレブンで販売されているAmazonギフト券の種類

セブンイレブンで販売されているAmazonギフト券の種類は以下のようになります。

バリアブル(1,500円~50,000円)
3,000円
10,000円
20,000円
お誕生日プレゼント用(3,000円~50,000円)
ギフト用(3,000円~50,000円)

これらのアマゾンギフトカードの販売をセブンイレブン店内にて確認できました。

さらにセブンイレブンはマルチコピー機からもアマゾンギフト券の購入ができ、マルチコピー機でのアマゾンギフト券の販売種類は以下のようになります。

(出典:セブンイレブン公式サイト)

2,000円
3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
25,000円

これらの金種のアマゾンギフト券をセブンイレブンマルチコピー機から購入することができます。カード型に比べて多い金種が取り扱われています。

■Amazonギフト券バリアブルカードとは

先ほどアマゾンギフトカードの販売種類の中で

バリアブル(1,500円~50,000円)

とあったのが疑問に感じる方はいないでしょうか。3,000円とか10,000円はわかるけど、バリアブルってなに?と疑問にならないでしょうか。

↑ バリアブルとはかなり使い勝手の良い万能なアマゾンギフトカードの種類のひとつです。

なんとこのバリアブルはカードの購入時に購入者が自身でカードの金額を決めることができるんです。

詳しくご紹介すると1,500円~50,000円の金額の中であればカードの購入者が自身でその金額を自由に決めることができます。感覚でいうとバリアブルカードは自分で決めた金額をそのカードの中に入れてあげる感じ。他の3,000円や10,000円のカードは元々その金額がカードの中に入っている感じ。と考えていただけるとわかりやすいかもしれません。

しかも金額の指定は1円単位できます。

例えば2,345円分とか。この金額を自由に決められることによって何がメリットなのかというと・・・

無駄がない/無駄遣いしなくなる

ことがあげられると考えられます。Amazonで欲しい商品があってその商品が2,345円だったとします。ですが、カードでも電子端末上でも2,345円分のアマゾンギフトカードの販売はありません。

そんな時にこのバリアブルを購入すれば、購入時に「2,345円」を指定してアマゾンギフトカードの中身をその商品購入の際の金額と同額にすることができるんです。

2,345円の商品の買い物の際に3,000円のアマギフを買ったら655円余ります。その655円はまた次回使えばいいですが、何かもう1個買おうかなと、もしかしたら無駄なものを買ってしまう恐れもあります。

それがバリアブルカードにAmazonで欲しい商品の金額分を入れてあげれば無駄遣いする恐れがありません。

通常3,000円からしかアマゾンギフトカードの販売を行っていない場合でも1,500円からと少額の指定もできるので個人的に1番おすすめなアマゾンギフトカードです。

●Amazonバリアブルカードのおもしろ小話

バリアブルカードには面白い使い方もあって

バリアブルカードをギフトとして渡した場合に受け取った相手はいくら分のカードなのかわかりません。

なのでバリアブルカードを数枚用意し、金額の大小をつけます。下は1,500円から2,000円、3,000円・・・というように最高は10,000円などにします。

その数枚の金額がランダムなバリアブルカードを数人で一斉に引いてというくじ引きのようなちょっとしたゲームができます(笑)

仲間内でのちょっとした集まりや会社での催しの際に少し盛り上がるかもしれませんw

ファミリーマートで販売されているAmazonギフト券の種類

少し、話が飛んでしまいましたが、ファミリーマートで販売されているAmazonギフト券の種類をご紹介いたします。

ファミリーマートで販売されているAmazonギフト券の種類は以下のようになります。

バリアブル(1,500円~50,000円)
3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
お誕生日プレゼント用(3,000円~50,000円)
ギフト用(3,000円~50,000円)

これらのアマゾンギフトカードをファミリーマートにて購入可能です。

さらにファミリーマートはFamiポートからもアマゾンギフト券の購入ができます。Famiポートでのアマゾンギフト券の販売種類は以下のようになります。

2,000円
3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
25,000円

ファミリーマートでも電子端末Famiポートで扱っているアマゾンギフト券のほうが種類が多いということがわかります。

■Amazonギフト券お誕生日プレゼント用とギフト用とは/ボックスタイプ

ここまでAmazonギフト券のご紹介をしていて、バリアブルに続き疑問に感じるアマゾンギフトカードがあるかもしれません。

・お誕生日プレゼント用(3,000円~50,000円)
・ギフト用(3,000円~50,000円)

この2つのカードなのですが、↑の画像を見ていただくとわかるように「HAPPY BIRTHDAY」と描かれたカードやリボンの柄が付いたカードにさらに「カードを入れる箱」(ギフトボックス)が付いたものです。

「カードを入れる箱」もAmazonの箱になっていてかわいらしいです。この箱が付いたAmazonギフト券を「Amazonギフト券ボックスタイプ」と呼びます。

そして、このお誕生日プレゼント用・ギフト用カードの正体は実はバリアブルカードでもあるんです。

先ほどご紹介したバリアブルカード同様にお誕生日プレゼント用・ギフト用カードもカードの金額を3,000円~50,000円の中であれば自由に1円単位で選択することができるんです。

ギフトボックスが付いている分、通常のバリアブルカードより割高になっているかと思うと、そうでもなく、3,000円を選択すると3,000円分のアマゾンギフトカードとなるので、ギフトボックスは無料と考えられます。なんだかお得に感じられますね♪

ローソンで販売されているAmazonギフト券の種類

続いて、ローソンです。ローソンで販売されているAmazonギフト券の種類は以下のようになります。

バリアブル(1,500円~50,000円)
3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
お誕生日プレゼント用(3,000円~50,000円)
ギフト用(3,000円~50,000円)

ローソンにもバリアブルカードをはじめ多くのアマゾンギフトカードが販売されています。

そしてローソンでも電子端末Loppi(ロッピー)からアマゾンギフト券の購入が可能です。ローソンのLoppiででのアマゾンギフト券の販売種類は以下のようになります。

2,000円
3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
25,000円

■電子端末上のAmazonギフト券の種類は大手3社に違いなし

ここまでセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで販売しているAmazonギフト券の種類を見てきましたが、電子端末上でのAmazonギフト券の種類は3社ともに同じということがわかりました。

コンビニでは商品券タイプのAmazonギフト券の販売はない

コンビニで販売されているAmazonギフト券にはカードタイプとシートタイプがありますが、実はAmazonギフト券にはその他にも

Eメール
印刷
商品券

など様々なタイプが存在します。その中でも「商品券」のような見た目のAmazonギフト券をご購入になりたいという方が、筆者がコンビニで勤務をしている際にいらっしゃったことがあります。

↑ このように商品券のようになっているAmazonギフト券がAmazon内では販売されています。

しかし、残念ながらコンビニで取り扱いがあるAmazonギフト券はPOSAカードと呼ばれるカードタイプのものか、電子端末上で手続きを行ってシートにギフトコードを印刷するシートタイプの2種類しか販売を行っていません。ご了承ください。

Amazonギフト券のコンビニでの購入方法/買い方

バリアブルをはじめ、様々な種類のアマゾンギフトカードを販売しているコンビニですが、そのコンビニでのアマゾンギフトカードの購入方法をみてみましょう。

バリアブル(お誕生日プレゼント用・ギフト用も含む)以外のアマゾンギフトカードの購入方法はカードをレジに持っていくと店員さんがカードをスキャンしてくれるので、あとはお会計を済ませればOKとなります。普段コンビニでパンや飲み物を買うときのようにお会計ができます。

↑ アマゾンギフトカード購入手順例(出典:ローソン公式サイト)

Amazonギフト券バリアブルは金額の同意が必要

自身でカードの金額を選択することができるバリアブルカードは購入の際にレジで行う動作がひとつ増えます。

それは

同意のボタンタッチです。

↑ ファミリーマートでiTunesカードのバリアブルを購入した際のお客側のレジ画面ですが、Amazonギフト券のバリアブル購入時にもお客側のレジ画面に [OK] ボタンが表示されて、指定した金額に間違えが無いかの同意をします。

ファミリーマート以外でも [OK] の他に [承認] ボタンなどがあり、バリアブルの指定した金額の同意が必要となります。

■なぜバリアブルの場合同意が必要なのか

ここで、なぜアマゾンギフトカードバリアブルの購入時だけ同意が必要なのか疑問になられた方のために、なぜ同意が必要なのかご紹介いたします。

アマゾンギフトカードバリアブルの購入時に同意が必要な理由は

指定した金額の間違いが起きないようにするためです。

自分は3,800円と伝えたのに、何かの手違いで1,800円しか使えないバリアブルカードになっていたら嫌ですよね(笑)そういった間違いが起きないためにレジの画面に表示された金額をきちんと確かめたうえで同意をします。

Amazonギフト券をシートで購入する場合

先ほどからご紹介している通り、コンビニでのAmazonギフト券の販売はカードとシートの両方があります。

シートでAmazonギフト券を購入する際の購入方法/買い方もみてみましょう。

■セブンイレブンのマルチコピー機からAmazonギフト券を購入する方法

↑ セブンイレブンのマルチコピー機からAmazonギフト券を購入する際は画像の手順でマルチコピー機を操作します。

①初期画面より [プリペイドサービス] をタッチ
② [電子マネー] をタッチ
③ [Amazonギフト券] をタッチ
④ご希望のAmazonギフト券の金額を選択
⑤コピー機より払込票が出てくるのでレジでお会計をする

レジにてお会計を済ませるとアマゾンギフトコードが記載されたシートを店員さんから渡されます。

■ファミリーマートのFamiポートからAmazonギフト券を購入する方法

↑ ファミリーマートのFamiポートからAmazonギフト券を購入する際は画像の手順でFamiポートを操作します。

①初期画面より [プリペイド] をタッチ
② [オンラインマネー(電子マネー)] をタッチ
③ [Amazonギフト券] をタッチ
④ご希望のAmazonギフト券の金額を選択
⑤FamiポートよりFamiポート申込券(レシート)が出てくるのでレジでお会計をする

レジにてお会計を済ませるとアマゾンギフトコードが記載されたシートを店員さんから渡されます。

■ローソンのマルチコピー機からAmazonギフト券を購入する方法

↑ ローソンのLoppi/ロッピーからAmazonギフト券を購入する際は画像の手順でロッピーを操作します。

①初期画面より [各種サービスメニュー] をタッチ
② [ネットマネー] が記載されている項目をタッチ
③ [Amazonギフト券] をタッチ
④ご希望のAmazonギフト券の金額を選択
⑤ロッピーよりプリペイドサービス申込券が出てくるのでレジでお会計をする

レジにてお会計を済ませるとアマゾンギフトコードが記載されたシートを店員さんから渡されます。

Amazonギフト券をシートで購入できないコンビニもある

本記事中でAmazonギフト券を販売しているコンビニとしてご紹介しているセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・デイリーヤマザキ・ポプラの店舗の中で

デイリーヤマザキポプラではシートでのAmazonギフト券の販売はおこなっておりません。ご了承ください。

アマゾンギフトカードは他の商品と同時購入可能

突然ですが、コンビニでこんなことはないでしょうか。

「こちらはお会計が別になります」

なんてことを店員さんに言われお会計が複数回になること。

コンビニではレジのシステム上どうしてもお会計を一緒にできない商品やサービスがあります。近年かなりそういった手間が減ってきているように感じますが、アマゾンギフトカードは他の商品と一緒にお会計をしてもらえるのでしょうか。

アマゾンギフトカードは他の商品と一緒に会計ができます。一部お会計ができないものもありますが、その場合はその一部のものがお会計をまとめることができない商品/サービスになります。

※シートでAmazonギフト券を購入する際はお会計が別になることがあります。

Amazonギフト券は購入後の返品・返金・交換ができない

Amazonギフト券は購入後に返品や返金、商品交換が一切できません。

これはAmazonギフト券を購入したことによって、ギフト番号が「有効化」され、一度有効化したギフト番号を無効にすることができないからです。

全てのコンビニに共通して返品や返金をすることができないので、金額の間違いには十分お気を付けください。

コンビニでAmazonギフト券購入の際の支払い方法/使えるキャッシュレス

アマゾンギフトカードの販売を行っているコンビニでのAmazonギフト券購入方法を見てきましたが、その購入の際に気になることはないでしょうか。

例えば

・コンビニでAmazonギフト券をクレジットカードで購入できるのか

・コンビニで貯まったポイントを使ってAmazonギフト券を購入できるのか

などなど、様々な決済方法が利用できるコンビニだからこそ、Amazonギフト券を購入する際の決済方法が気になりますよね。

コンビニは様々な決済方法が利用できますが

「食品はキャッシュレスで払えるけど、公共料金はキャッシュレスで払えない」

など、キャッシュレスで支払いができるものに多少の制限があります。Amazonギフト券はいったいキャッシュレスやポイントで購入することが可能なのでしょうか。

セブンイレブンでAmazonギフト券を購入できるのはnanacoのみ

セブンイレブンでAmazonギフト券購入時にお支払でご利用できるのは電子マネー「nanaco」のみとなります。

他にセブンイレブンでご利用可能なクレジットカードやPayPayなどのキャッシュレスはAmazonギフト券購入時にはご利用できません。ご注意ください。

■nanacoポイントでもAmazonギフト券購入が可能

nanacoのポイントはnanacoにチャージし、nanaco残高にすることができるため、セブンイレブンでは実質nanacoポイントでもAmazonギフト券購入を購入することができます。

●Amazonギフト券の購入でnanacoポイントは貯まらない

nanacoポイントでは実質Amazonギフト券の購入は可能ですが、Amazonギフト券をnanacoで購入してもnanacoポイントは貯まらないので、ご注意ください。

ファミリーマートでAmazonギフト券を購入できるのはファミペイのみ

ファミリーマートでAmazonギフト券購入時にお支払でご利用できるのは電子マネー「ファミペイ」のみとなります。

他にファミリーマートでご利用可能なTマネーやSuicaなどのキャッシュレスはAmazonギフト券購入時にはご利用できません。ご注意ください。

ファミペイはファミリーマートで利用できるとても便利なキャッシュレスです。詳しくはこちらをご覧ください。

ファミペイ大全【アプリの使い方や登録方法などファミペイを徹底紹介】
ファミリーマートのキャッシュレス「ファミペイ」の登録方法やアプリの使い方、チャージ方法、ボーナス/クーポンの使い方、ポイントの連携、ポイントのため方、使い方をまとめてご紹介。ファミペイまるわかりのファミペイ大全です。

■Tポイントや楽天ポイントでの購入はできずポイントも貯まらない

ファミリーマートと言えば、「Tポイント」というイメージありませんか?

そんなファミマで使えるポイントサービスはTポイント以外に「楽天ポイント」「dポイント」もあります。

しかし、ファミマでAmazonギフト券を購入する際に貯まったポイントを利用することはできず、ポイントを貯めることもできません。ご注意ください。

●ファミペイでAmazonギフト券を購入するとボーナス還元が受けられる

ファミリーマートではTポイントカードなどの提示でAmazonギフト券購入時にポイントを貯めることはできませんが、「ファミペイ」でAmazonギフト券を購入した場合はボーナス還元を受けることができます。

通常のファミペイボーナス還元率と変わらず200円で1ボーナスが還元されます。

ミニストップでAmazonギフト券を購入できるのはWAONのみ

ミニストップでAmazonギフト券購入時にお支払でご利用できるのは電子マネー「WAON」のみとなります。

他にミニストップでご利用可能な楽天EdyやLINE PayなどのキャッシュレスはAmazonギフト券購入時にはご利用できません。

ミニストップではカードタイプの他にLoppiからシートタイプのAmazonギフト券もご購入いただけますが、シートタイプのAmazonギフト券ご購入時にはWAONはご利用できません。ご注意ください。

■WAONポイントカードまたはイオンカードの提示でポイントも貯まる

ミニストップではAmazonギフト券の購入時にWAON POINTカードまたはイオンカードのご提示、電子マネーWAONカードでのお支払いで、200円で1ポイントたまります。

Amazonギフト券の購入時にポイントが貯まるはコンビニだとミニストップだけです。

貯まったポイントをWAONにWAON残高としてチャージすれば、実質WAONポイントでのAmazonギフト券の購入も可能です。

ローソンやポプラではAmazonギフト券購入は現金のみ

ここまでご紹介したキャッシュレスでもAmazonギフト券を購入することができる

セブンイレブン
ファミリーマート
ミニストップ

以外のローソンやデイリーヤマザキ、ポプラではAmazonギフト券の購入は現金のみとなります。ご注意ください。

コンビニで購入したAmazonギフト券の使い方

コンビニで購入したAmazonギフト券は基本的にご購入後すぐにお使いいただけます。

コンビニで購入したAmazonギフト券の使い方は簡単で、ギフトコード/ギフト券番号をアマゾンアカウントに登録をすれば、アカウント内に反映されます。

ギフトコード/ギフト券番号は

カードタイプは → カードの裏面

シートタイプは → シート内

に印字されています。

↑ アマゾンアカウントPC画面。Amazonギフト券に印字してある番号をアマゾンアカウント [ギフト券を登録する] に入力します。

ギフト券番号とは14文字または15文字のアルファベットと数字で構成される番号です(例: AH87-NYG9LX-DKAV4)。 カードタイプは、カード裏側にあるコーティングされた部分を軽くコインで削りとると、ギフト券番号をご確認いただくことができます。

コンビニで購入したアマゾンギフトカードが使えるようになるタイミング

余談ではありますが、ここでコンビニで購入したAmazonギフト券が使えるようになるタイミングをご紹介いたします。

コンビニでAmazonギフト券や他のPOSAカードであるiTunesカードやGoogle Playカードを購入する際に、こんなこと思ったことはないでしょうか。

20,000円など高額なPOSAカードも雑誌コーナー付近に置いてるけど、万引き被害など大丈夫なのか

筆者がコンビニで働いていた時はPOSAカードの販売が始まってまだ間もないこともあったため、お客様からたまにこのようなご質問・ご心配の声を頂戴しておりました。

これは答えはYESで大丈夫なんです。

POSAカードは雑誌コーナーの言ったらレジから少し見えずらい場所に置いてあることが多く、万引きされやすそうに感じられるかもしれませんが、盗られても問題ないので大丈夫なんです。

なぜ盗られても問題が無いかというと、損をしないからです。

コンビニでAmazonギフト券に限らずPOSAカードはすべて、レジを通過して初めて使用できるようになります。

レジを通過しない状態のPOSAカードはただのカード、中身が入っていないカードということになります。レジでPOSAカードをスキャンしてお会計をした時にそのカードの中に希望している金額が入る。という感覚です。

コンビニでAmazonギフト券を買う際のまとめ

ここまでコンビニで販売しているAmazonギフト券の種類や購入方法などをご紹介してまいりました。

以上で最後となりますので、ここで内容をまとめます。

コンビニのAmazonギフト券まとめ

カードタイプとシートタイプがある

カードタイプとシートタイプでは有効期限が異なる

購入後の返品・返金・交換はできない

Amazonギフト券購入時にキャッシュレスは使えないものが多い

たくさんの商品を扱っているAmazon。そんなAmazonでお買い物の際の決済手段として、クレジットカードに抵抗があったり、まだ年齢的に持てないという方もコンビニで手軽にAmazonで使える言わば電子マネーの購入ができます。

Amazonを見ていて何かほしいものがあった時、この記事を読んだ機会に、コンビニでAmazonギフト券を買ってみてはいかがでしょうか。

Amazonでは毎日タイムセールが行われていたり、お得な会員サービス「Amazonプライム」があります。

↑ 気になる方はこちらをチェック