リモートワークにも便利なコンビニで販売しているイヤホンまとめ

楽天ポイントが使えるコンビニ一覧【貯まる/使う/使い方まとめ】

楽天はネットショッピング「楽天市場」で有名ですが、そのネットショッピングで電子上でポイントを貯めることができます。

さらには、マクドナルドなどのリアル店舗で“楽天ポイントカードを提示することによって”楽天ポイントを貯めることができます。

そんな「楽天ポイントカード」は実はコンビニでも提示して楽天ポイントを

  • 貯める
  • 使う

ことができるんです。

今回は楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める・使うことができるコンビニの紹介や、ポイントの貯め方・使い方をご紹介してまいります。それではみてみましょう。

楽天ポイントが貯まる/使えるコンビニ一覧

楽天ポイントカード

まずはじめに、楽天ポイントカードを提示して楽天ポイントを貯める・使うことができるコンビニをご紹介いたします。

楽天ポイントカードを提示して楽天ポイントを貯める・使うことができるコンビニは以下のようになります。

  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ

現在コンビニではこの3チェーンにて楽天ポイントカードの提示をして、楽天ポイントを「貯める・使う」ことができます。

ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラと記載していますが、この3チェーンが手掛けているコンビニエンスストアが含まれます。ファミリーマートでは「トモニー」など。ポプラでは「生活彩家」や「スリーエイト」など。

ここでひとつお伝えしたいことが、今回ご紹介している楽天ポイントの内容は「楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める・使うことができるか」ということになります。単純に「コンビニで楽天ポイントを獲得したい」という方は楽天Edyで支払いを行えば楽天ポイントを獲得することができます。

コンビニで楽天ポイントを貯める方法

ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラのコンビニで使える楽天ポイントカードですが、そのポイントの貯め方はどうすればいいのか、みてみましょう。

楽天ポイントカードの提示が可能なコンビニ、ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラでの楽天ポイントの貯め方は

レジで店員さんに楽天ポイントカードを提示するだけ

となります。レジの店員さんに買い物の際にお手持ちの楽天ポイントカードを提示するだけで、お会計金額に応じて楽天ポイントを貯めてくれます。

コンビニでの楽天ポイントの還元率

ポイントカードの提示のみでかんたんに楽天ポイントを貯めてくれる、コンビニですが、ここで気になるのが

還元率ではないでしょうか。

ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラでの楽天ポイントカードを提示した際のポイント還元率は実はチェーンによって異なります。

では楽天ポイントカードを提示ができるコンビニチェーンそれぞれのポイント還元率を見てみましょう。

ファミリーマートでの楽天ポイント還元率

ファミリーマートで楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める際の還元率は

お会計金額200円ごとに1ポイント = 0.5%

となります。ファミリーマートで他にも貯まるTポイントやdポイント同様にお会計金額が税込み200円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

デイリーヤマザキでの楽天ポイント還元率

デイリーヤマザキで楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める際の還元率は

お会計金額100円ごとに1ポイント = 1.0%

となります。先ほどのファミリーマートでの還元率との違いおわかりいただけるでしょうか。デイリーヤマザキはなんとお会計金額が税込み100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

ポプラでの楽天ポイント還元率

続いてポプラで楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める際の還元率は

お会計金額100円ごとに1ポイント = 1.0%

となります。こちらもデイリーヤマザキ同様に楽天ポイントカードを提示した際の還元率は驚異の1%となります。

結果:デイリーヤマザキとポプラの楽天ポイント還元率が良い

ここまでファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラでの楽天ポイントカードを提示した際のポイント還元率をご紹介しましたが、現在のコンビニのポイント還元率は0.5%がほとんどかと言えます。

なぜなら、コンビニチェーン大手のセブンイレブン・ファミリーマートでのポイントの還元率が0.5%だからです。

ローソンはポンタカードの提示でお会計金額100円ごとに1ポイント貯まるので1%の還元率ですが、セブンイレブン・ファミリーマートはお会計金額200円ごとに1ポイントなので還元率は0.5%です。

今回デイリーヤマザキとポプラの楽天ポイントの還元率を見てみるとファミリーマートの2倍のポイント還元率があることがおわかりいただけたかと思います。

ファミリーマートには便利な機能「ファミペイ連携」がある

しかし、そんな楽天ポイントの還元率で劣るファミリーマートには楽天ポイントを貯める・使う際に便利さがあります。

まず、単純に店舗数が多いですよね。

そして次にファミリーマートは楽天ポイントをファミペイと連携することができるんです。

ファミペイとはファミリーマートが展開しているスマートフォンにバーコードを表示させて決済を行うPayPayや楽天ペイと同じバーコード型のキャッシュレスです。

そのファミペイのアプリの中で楽天ポイントを連携することができるんです。この連携を行うことによって何が起きるかというと・・・

楽天ポイントカードの提示が不要になります。

↑ファミペイと楽天ポイントを連携することによってファミペイアプリのバーコードで決済をするだけでポイントカードの提示をしなくても楽天ポイントを貯めることができます。

そして嬉しい機能があって、ファミペイと楽天ポイントを連携することによって

ポイントの可視化をすることができます。

当然ポイントカードはカードなので貯まったポイントがカードに表示されませんよね。しかしファミペイと楽天ポイントを連携することによってスマホの画面で楽天ポイントの残高を確認することができます。

ファミペイと楽天ポイントの連携についての手順や更なるメリット紹介はこちらをご覧ください。

ファミペイに楽天ポイント/dポイントを連携してポイントをためて使う方法
ファミリーマートで使えるキャッシュレス決済「ファミペイ」はご存じでしょうか。 近年、多くのキャッシュレス決済が出てきましたが、ファミリーマートを利用する際は非常にお得なキャッシュレス決済...

注意①:ポイントが貯まらない商品やサービスがある

コンビニで楽天ポイントを貯める際のご紹介として最後に、注意してほしいことが3つあります。そのひとつが

ポイントが貯まらない商品/サービスがある

ということです。どういうことかというと・・・

例えば

200円や100円のお会計金額で1ポイント貯まる楽天ポイント。コンビニでお菓子や飲み物を買って300円のお会計の際に楽天ポイントカードを提示すればポイントが貯まります。

ですが、500円のたばこや2,000円の公共料金の支払いの際にコンビニで楽天ポイントカード提示してもポイントは貯まりません。

↑金額だけ見るとたばこや公共料金のほうがポイントが貯まるように感じますが、たばこや公共料金の支払いは、そもそもポイント付与の対象外となっています。

ここで要点として挙げるのが、楽天ポイントカードの提示ができるコンビニの、全てのお会計に対してポイントが貯まるわけではない。ということです。

コンビニで楽天ポイントが貯まらない商品カテゴリー

では具体的に楽天ポイントカードの提示ができるコンビニでポイント付与の対象外となる商品カテゴリーをみてみましょう。

コンビニで楽天ポイント付与の対象外となる商品カテゴリーは以下のようになります。

・タバコ
・切手・はがき・印紙
・代行収納(電気代・ガス代・水道料金等)
・代行収納(税金等)
・代行収納(上記以外 クレジット返済・寄付等)
・カード類(QUOカード)
・カード類(POSAカード・テレフォンカード)
・ゴミ処理券(粗大ゴミ券・事業ゴミ券)
・チケット現券(東京ディズニーランド地域券等)
・ギフト券(ハーゲンダッツ等)
・チャージ代金:Tマネー/楽天Edy/WAON/交通系マネー(Suica・Pasmo・ICOCA・TOICA・Kitaca・SUGOCA・nimoca・はやかけん)
・Famiポートなどの電子端末上のお取引のお支払い

これらの商品やサービスの購入/支払い時に楽天ポイントカードを提示してもポイントは付与されませんのでご注意ください。

注意②:楽天ポイントカードは必ず会計が終わる前に提示しよう

コンビニで楽天ポイントを貯める際の注意点としてもうひとつご紹介したいことが

楽天ポイントカードはレジのお会計終了前に提示する

ということです。これがどういうことかというと

店員さんがレシートを出す前にポイントカードを提示する

ということです。なぜ、店員さんがレシートを出す前にポイントカードを提示しなければいけないのかというと、ポイントを貯められなくなるからです。

コンビニの店員さんがレシートを出した = 会計が終了した

という扱いになり、現金でお会計の支払いをしていた際、お釣りをもらったら終わりになります。会計が終わってしまうと、ポイントを付与するにあたっての対象がなくなってしまうとお考えいただければわかりやすいかもしれません。

なので、ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラで楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める際には必ず“会計が終わる前にポイントカードを提示する”ということを意識してみてください。

注意③:貯めた楽天ポイントの有効期限

最後にお伝えしたい楽天ポイントを貯める際の注意点はポイントの有効期限です。

基本的に楽天ポイントカードに有効期限はありませんが、獲得されたポイントについては、
最後に獲得した日から12ケ月が経過した後、失効します。

なのでカード自体に有効期限はないが、ポイントは1年で失効してしまうということです。せっかく獲得されたポイントは有効期限内にお使いください。

楽天ポイントの有効期限については楽天ポイントカードのヘルプをご覧ください。

コンビニで楽天ポイントを使う方法

コンビニで楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める方法をご紹介いたしましたので、続いてコンビニで楽天ポイントを使う方法をご紹介いたします。

やはり貯まったポイントは使わないともったいないですよね。そんな楽天ポイントのコンビニでの使い方もいたってかんたん

レジで店員さんに「〇〇ポイント使ってください」とをカードを提示するだけ

貯まっているポイントの中から使用してほしいポイント数をレジの店員さんに伝えれば、それでポイントを使うことができます。

ポイントを使う前のお会計金額から任意のポイント数を差し引いた金額がレジに表示されます。

楽天ポイントは1ポイント1円としてファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラでご利用いただけ、お会計全額をポイントで支払いや端数だけポイントで支払うこともできます。

注意①:楽天ポイントとクレジットカードは併用ができない

楽天カード

楽天ポイントをコンビニで使う際には、ポイントを貯める際同様に注意点があります。その注意点を2つご紹介いたします。まずひとつめは

コンビニで楽天ポイントを使った後のお会計金額をクレジットカードで支払いすることができません。

例えば

お弁当や飲み物、ホットスナックをレジに持っていき、お会計金額が700円だったとします。楽天ポイントカードを提示して「500ポイントございますがご利用になられますか?」と店員さんから提案があったとします。

その提案通り500ポイントを使ってもらい、お会計金額が200円になり、その200円をクレジットカードで支払いすることができない。

↑ということになります。ポイントを差し引く前であれば、クレジットカードで支払いをすることができますが、ポイントを利用して差し引いてしまったお会計金額に対してクレジットカードで支払いをすることができません。ご注意ください。

PayPayや楽天ペイの併用は可能

楽天ペイ

楽天ポイントとクレジットカードの併用してコンビニで支払いをすることは不可ですが、その他のキャッシュレスとの併用は可能です。例えば

  • 楽天ポイントを使った後にPayPayで支払いをしたり
  • 楽天ポイントを使った後に楽天ペイで支払いをしたり

することはコンビニで可能です。Suicaなどの交通系電子マネーも楽天ポイントを使った後でも決済に利用することができます。

デイリーヤマザキではクレジットカードの他にiDとQUICPayも楽天ポイントとの併用ができません。デイリーヤマザキではバーコード決済をご利用いただけません。

注意②:楽天ポイントで買えない商品やサービスがある

さらにコンビニで楽天ポイントを使う際の注意点として挙げられるのが、「ポイントを貯める」同様に

ポイントで買えない商品/サービスがある

ということです。コンビニには楽天ポイントカードを提示してもポイントが貯まらない商品/サービスがあるように、ポイントを使って買えない・支払いできない商品/サービスがあります。

コンビニで楽天ポイントで買えない商品カテゴリー

では具体的に楽天ポイントカードの提示ができるコンビニでポイント購入の対象外となる商品カテゴリーをみてみましょう。

コンビニで楽天ポイント購入の対象外となる商品カテゴリーは以下のようになります。

・タバコ
・切手・はがき・印紙
・代行収納(電気代・ガス代・水道料金等)
・代行収納(税金等)
・代行収納(上記以外 クレジット返済・寄付等)
・カード類(QUOカード)
・カード類(POSAカード・テレフォンカード)
・ゴミ処理券(粗大ゴミ券・事業ゴミ券)
・チケット現券(東京ディズニーランド地域券等)
・ギフト券(ハーゲンダッツ等)
・チャージ代金:Tマネー/楽天Edy/WAON/交通系マネー(Suica・Pasmo・ICOCA・TOICA・Kitaca・SUGOCA・nimoca・はやかけん)
・Famiポートなどの電子端末上のお取引のお支払い

ご覧いただいて、わかるかもしれませんが、「コンビニで楽天ポイントが貯まらない商品カテゴリー」と全く同じ商品やサービスです。

これらの商品やサービスをポイントを使って購入・支払いすることはできません。

楽天ポイントカードはデイリーヤマザキとポプラで配布している

コンビニでも便利にポイントを貯める・使うことができる楽天ポイントカード。そんな1枚は持っておきたいポイントカードはいったいどこで作れるのでしょうか。

コンビニで楽天ポイントが貯まる

↑実は楽天ポイントカードはデイリーヤマザキとポプラで無料で配布されているんです。

デイリーヤマザキとポプラでは店員さんに「楽天ポイントカードを作りたい」と伝えれば、無料で楽天ポイントカードももらうことができます。

デイリーヤマザキの楽天ポイントカード

↑デイリーヤマザキとポプラで配布されている楽天ポイントカード。両店舗の限定デザインになっています。

楽天Edy機能が付いた楽天ポイントカードは有料で販売

デイリーヤマザキのEdy付き楽天ポイントカード

↑さらにデイリーヤマザキとポプラでは「楽天Edy機能付きの楽天ポイントカード」を有料にて販売しています。

1枚税込み315円で販売されていて、ポイントカードの中にEdyが入っているという感覚でこの楽天Edy機能の付いた楽天ポイントカードでお支払いすると

  • 支払いをする
  • ポイントを貯める

を一度に行うことができます。また楽天Edyは名前の通り楽天のが展開するキャッシュレスであることから楽天Edyで200円お支払いになるごとに1ポイントの楽天ポイントを獲得することができます。

楽天Edy機能付きの楽天ポイントカードで支払いをするとポイント還元が1.5%

これがどういうことかというと、デイリーヤマザキとポプラでの利用に限られますが

楽天ポイントカードの提示で1% + 楽天Edyの支払いで0.5%

= 合計で1.5%のポイント還元が受けられる

ということになります。200円のお買い物でこの楽天Edy機能付きの楽天ポイントカードで支払いをした場合、3ポイント貯まります。

楽天Edy機能付きの楽天ポイントカードは有料になりますが、デイリーヤマザキやポプラを良くご利用になる方はすぐに元を取れるかもしれません。

ポプラの楽天ポイントカード

ポプラの公式サイトにて楽天Edy機能付きの楽天ポイントカードについての記載がありました。

まとめ

ここまで楽天ポイントカードを提示してポイントを貯める・使うなどコンビニでの楽天ポイントカードの使い方をご紹介してまいりました。

ここで内容をまとめます。
楽天ポイントカードまとめ 楽天ポイントが貯まる・使えるのはファミマ・デイリー・ポプラ
 ポイントカードの提示は会計が終わる前に
 ポイントは貯まらない・使えない商品やサービスがある

筆者はこれまでネットショッピングで楽天市場を利用する機会があまりなく、楽天ポイントカードもあまり利用してこなかったのですが、今回調べてみて楽天ポイントが貯められるお店ではポイントカードを提示していこうと思いました。

これまでコンビニやそれ以外の楽天ポイントが貯めるお店で、楽天ポイントカードの提示をしていなかった方はぜひ、この記事を読んだ機会に楽天ポイントを貯める・使うをコンビニで始めてみてはいかがでしょうか。

楽天ポイントカード公式サイトからコンビニ以外の楽天ポイントが貯まる・使うことができる店舗をご確認いただけます。