コロナウイルス緊急事態宣言でコンビニの営業時間は?【休業情報まとめ】

2020年4月7日(火)日本政府は新型コロナウイルスの影響が広がっている東京、大阪など7都府県に緊急事態宣言を発令しました。

この日本の緊急事態宣言はイタリアやスペイン、アメリカなどの欧米諸国がおこなっている”外出禁止”を含む内容ではなく、あくまで”自粛”の内容となっています。

全く外に出てはいけないということでなく、「3密」を伴わなければいわゆる自己判断に委ねるというもの。

外出禁止を含む内容の緊急事態宣言を発令している国では、必要な生活用品や食品を買いに外に出たい場合でも外出許可の申請がいるそうです。

今回の日本の緊急事態宣言はそうでないため、お腹が減ったら外に買い物や、営業しているレストランなど利用することも可能です。

そんな現在、普段から我々を支えてくれているコンビニの営業時間に変化はあったのでしょうか。

今回は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言後のコンビニ各社の営業時間や休業情報をまとめてご紹介いたします。

もくじのリンク先を活用すれば各社の営業時間を紹介している箇所へ行け、すぐに確認していただけます。

コロナウイルス緊急事態宣言後のコンビニ各社の営業時間

コンビニ営業時間のまとめ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令後のコンビニ各社のHPを確認し、記載されていた内容をまとめてご紹介いたします。

セブンイレブンの営業時間/休業情報

セブンイレブンの営業時間

(出典:セブンイレブン公式サイト)

↑ セブンイレブン公式サイトを確認するとコロナウイルスに関するニュースリリース「新型コロナウイルス感染対応について」が記載され、その中で緊急事態宣言に関する書面が公表されていました。

緊急事態宣言後もこれまでと変わらず営業中

この書面を読んでみると

社会インフラとしての役割を果たすべく、政府や行政と連携し可能な限りの営業を継続する。

という内容でした。

そしてコンビニの店舗内は「3密」に当てはまらないとしても、これだけ感染者が増えている中で営業するにもリスクが大きいかと考えられますが、店舗で働く方の体調管理を徹底することで、感染しない・感染させない(うつさない)という意思表示がされていました。

セブンイレブンはコロナウイルスによる緊急事態宣言後も店舗によりますが、基本的にはこれまでと変わらず24時間営業するとのことです。

セブンイレブンのHP

(出典:セブンイレブン公式サイトのトップページ)

セブンイレブンは緊急事態宣言発令前にスタッフの方でコロナウイルス感染がありましたが、営業継続にあたり、「手洗い」・「手指の消毒」・「うがい」・「出勤前の検温」を実施しているそうです。

中でも「出勤前の検温」では熱が37.5℃以上の場合、出勤を停止すると定めているそうです。

こんな時、やっているお店があるだけありがたいと感じますが、接する店員さんの手洗いや消毒が徹底されていると、より安心してお店に行くことができますね♪

詳しい情報や最新の情報はセブンイレブン公式サイトよりご確認ください。

セブンイレブン公式サイト
https://www.sej.co.jp/index.html

ファミリーマートの営業時間/休業情報

ファミリーマートの公式サイトでは「新型コロナウイルス感染対応について」というニュースリリースが2020/04/08に「新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組みについて」と更新されていました。

ファミマの営業時間

(出典:ファミリーマート公式サイト)

換気やお釣りの手渡し対策などをおこない営業時間の変更/休業はない方向

ファミリーマートも公式発表を見ると

「新型コロナウイルス対策本部」を立ち上げ、政府や行政と連携のもと、感染拡大防止策として自動ドアを開ける時間を設け、店内換気やコイントレーを活用した現金の手渡し回避するなどして営業を継続する。

このような旨の記載があり、原則、非常事態宣言の中でもファミリーマートは営業しているとのことでした。

詳しい情報や最新の情報はファミリーマート公式サイトよりご確認ください。

ファミリーマート公式サイト
https://www.family.co.jp/

ローソンの営業時間/休業情報

ローソンの営業時間

(出典:ローソン公式サイト)

↑ ローソンの公式サイトを確認すると2020/04/08付けで「ローソンの新型コロナウイルスに関連する取組について」という書面が公表されていました。

引き続き営業継続の方針

こちらも読んでみると

食料品や生活用品を取り扱う身近なマチのインフラとしてお客様に安心して店舗をご利用していただくため、店舗従業員の手洗い・うがいの励行、マスク着用の励行、アルコール除菌剤の活用等を徹底し、引き続き店舗を営業する

という内容の記載でした。”営業時間”に関する明確な記載はありませんでしたが、これまで通り24時間営業されるものと考えられます。

感染者が出た店舗や(この場合該当店舗は休業されるとも考えられます)、時短営業を申し出ている店舗もあると考られ、店舗によりますが基本的にはこれまで通りの営業継続の方針とのことです。

詳しい情報や最新の情報はローソン公式サイトよりご確認ください。

ローソン公式サイト
https://www.lawson.co.jp/index.html

間隔推奨ポスターの設置やスマホレジの推奨

ローソンのコロナウイルスに関しての公表の中で目立ったのが、1m間隔推奨ポスターの掲示のお知らせやレジに並ぶことで感染のリスクを防げる「スマホレジ」のお知らせでした。

店舗スタッフの方の手洗いやうがいの徹底や換気、アルコール消毒だけでなく、感染につながってしまうようなことを考え尽くして対応しているという印象を受けました。

緊急事態宣言中もローソンに行ったときにはぜひ、これらのせっかくの対応を活用させていただきたいですね♪

ミニストップの営業時間

ミニストップのHP

(出典:ミニストップ公式サイト)

ミニストップの公式サイトにも「重要なお知らせ」という記載で新型コロナウイルスに関するお知らせがありました。

読んでみると

緊急事態宣言の対象となっている7都府県で変わらず営業継続しますが、店舗によっては時短営業や休業する場合もあります。

という内容の記載がありました。これは2020/04/07付で公表されていた書面なので、緊急事態宣言後も基本的には営業時間に変更なく、お店が開いているということです。

詳しい情報や最新の情報はミニストップ公式サイトよりご確認ください。

https://www.ministop.co.jp/

デイリーヤマザキ・ポプラも営業継続

デイリーヤマザキとポプラについては公式サイトを拝見したところ、新型コロナウイルスについてのニュースリリースがありませんでしたが、電話問い合わせをしたところ、消毒や換気をおこない営業継続をしているとのことでした。

最後に:冷静な判断と行動をお願いします

ここまで新型コロナウイルスによる緊急事態宣言後のコンビニ各社の営業時間や休業情報をまとめてご紹介いたしました。

休業しざるを得ないお店もある中、コンビニが開いているというのは食事、食料に困ってしまうことはひとまずなさそうなのかなと非常に安心感があると感じます。

最後になりますが今後、どういった状況になるかというのは不透明な部分もありますが、もし何か「〇〇が不足しそう」という噂を耳にしてもまとめ買いや買い占めなどの判断を冷静におこなってください。

コンビニだけに言えたことではありませんが正直、こんな状況でお店を営業したくないと考えているコンビニ店舗もあるかもしれません。そんな中で買い占めなどが起きて、その後「〇〇ありますか?」と一日に何十回も聞かれるのは正直店員さんも疲れると思います。

筆者も2011年の3.11翌日以降に店内がごった返しであらゆる商品が品切れになった際に経験がありますが、本当に疲れますし軽く鬱気味になります。(特に電話がきついですね)

なので”噂”のような確信・根拠のない話は鵜呑みにせずに冷静な判断・行動をとり、一人でも多くの命が助かるように助け合いの心を持って、この時期を乗り切っていきましょう。