コンビニバイト時の服装や髪色は?ネイルやピアスはOK?【女性編】

これまでコンビニでバイト・パートしたことある方って案外多いですよね。

今回はそんなコンビニバイトの際の“服装”についてをコンビニ勤務歴約10年、これまで約50名ほどの面接や教育を行ってきた私もとてんちょー

服装だけでなく髪色やネイル、ピアス、化粧など女性の場合で考えてご紹介いたします。

男性のコンビニバイト時の服装や髪型などはこちらをご覧ください。

コンビニバイト時の服装や髪型、髪色は?髭や派手な靴はOK?【男性編】
服装や髪型や髪色、髭は生やしたままでも大丈夫?男性のコンビニバイトの際の気になる身だしなみについてコンビニ元店長がOK/NGをご紹介。ピアスや靴・スニーカーについても掲載しています。

※このコンビニバイト時の服装や髪型についてはお店によって〇〇はいいけど●●はダメのような取り決めもあるので記事を読みながら一緒に考えていただけると幸いです。

コンビニでバイトの際の服装や髪型【女性編】

まず服装についてですが、皆さんもコンビニに行ったときに見かけていると思うのですが

セブンイレブンやファミリーマート、ローソン、ミニストップなどコンビニ各社には

制服・ユニフォーム

があります。コンビニのバイトで勤務中の服装の原則としてその制服・ユニフォームを着用します。大方ユニフォームはお店側から貸与されます。

コンビニの制服

↑セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの制服まとめ。

上から羽織って着ることができ、ファスナーでかんたんに前が閉められ、基本的にワイシャツ、ネクタイの着用もしなくて良くなっています。

結局のところオーナーさんや店長さんの方針で決まる

ここで一旦お伝えしたいのですが、今回この記事でご紹介するコンビニのアルバイトの際の服装や髪型については

すべてお店によって異なります。

セブンイレブンとファミリーマートで服装が異なるというようなことでもあるんですが、コンビニ店舗にはそれぞれ”オーナー”や店長、マネージャーがいてその人たちの方針によって

例えば同じセブンイレブンでも

  • A店では髪色を茶髪にするのはいいけど
  • B店では髪色を茶髪にするのはダメ

というようにセブンイレブンの本部ではこのくらいの色の茶髪はいいですよ。と定められていても、その店舗の責任者などの方針により服装や髪色などが決められていることがあります。

コンビニ店員さんの服装や髪色のイメージ/あるある

そんなコンビニでバイトの際の服装や髪型、髪色ですが

皆さんコンビニの店員さんの服装やネイル、ピアスなどにどんな印象を持たれていますか?

私はコンビニを辞めるまで、何十店舗も他のコンビニに行かなかったので、コンビニ店員の方の服装に派手なイメージはありませんでしたし、自分が勤めていた店舗の服装などの取り決めもそこまで厳しいものと感じていませんでした。

が、しかしコンビニを辞めて都心を含めた色々なコンビニに立ち寄る機会が増えて思ったのが

けっこう見た目が遊んでる店員さんいるなと(笑)

はじめは都心だからか。とも思っていたのですが、そうでもない感じでした。

ちょっとした住宅街の店舗や少し田舎の大きいロードサイド店舗などでも、「少し見た目が遊んでいるんではないか」と感じる店員さんをかけることがありました。

そんな私が“見た目が遊んでいる”と感じた店員さんの例をご紹介いたします。

  • 金髪を通り越したピンクや紫の髪色
  • 手にタトゥー
  • パンツがジャージ
  • がっつりピアス

というようなものでした。近年外国人の労働者の方も増えて、外国人の方なのかなと思っていたのですが、全員日本人でした(笑)

私も店長として店舗責任者を務めている際は、あまり服装や髪色などについては厳しいことは言いたくありませんでした。

先ほど少し触れましたが、外国人の方もどんどん働くようになってきている現在

金髪はダメ

編み込みはダメ

って言えないですよね。というかなんかそういうことが少し古臭いと、学校じゃないんだから(笑)と、考えてしまうところがあったので髪型や髪色についてはそんなに厳しくしていなかったと感じています。

が、しかし。ピンクや紫の髪色はさすがにNGにしていたかなと感じます(笑)

金髪はそれこそ外国人の方のことを考えると生まれつき金髪の人がいますよね。

でも生まれつき髪色がピンクや紫の人っていないですよね(おそらく)

これもきっと大学生やおしゃれ好きな方からするそんな考え方「ダサッ」と言われてしまうかもしれませんが、コンビニでのアルバイトはお客様と接します。

いわゆる接客業でもあります。

食品も扱っていて衛生的なことにも気を配らねばいけない中で、汚いとかそういうことではなくて

不快に思うお客様もいらっしゃるんではないかと。

この記事の冒頭で“読みながら一緒に考えていただけると”記載したのですが、まさにこういったところで

この髪色がピンクや紫なのっておそらく、コンビニエンスストアの本部的にはNGなのです。

それがオーナーさんや店長さんがOKにしているから私がそういった店員さんを見かけたということなんです。「だから髪色なんてなんでもいい」としている店舗さんもあるのかなと感じられます。

このコンビニバイトの服装や髪型をご紹介する中で答えが明確でないと、ご紹介しづらい部分もあるので服装やピアス、ネイルについて筆者が実際に約10年コンビニ勤務時に守っていた身だしなみについて、定めていたルールをご紹介いたします。

コンビニの髪型や髪色についてのルール

実際に筆者が約10年コンビニで勤務していた際にスタッフさんにお願いをしていた身だしなみに関するルールをご紹介してまいります。

※これはあくまで筆者がコンビニエンスストアで勤務していた際の身だしなみについてのルールを参考になればと紹介するだけで、実際にコンビニでバイト・パートをする際はその店舗の責任者に身だしなみについて聞きましょう。

髪型/髪について

まずは、髪型、髪ついては基本なんでもOKとしていました。

コンビニエンスストア本部の定める身だしなみのガイドラインで“髪が長い場合は後ろでひとまとまりにする”というような記載がありました。

これはコンビニは食品を扱い、かんたんな調理もあるお仕事なので髪の毛が食品に混入してしまうなど衛生面を考慮してのことです。

なので、このことは女性スタッフさんにはお話はしていました。これまで女性スタッフさんで、髪型の派手な方には出会ってこなかったです。

例えば女性の髪型でどういったものがNGになるのかと考えると

ツインテール

が、ちょっと怪しいかなと感じますが、おそらくOKだと考えられます。

ちょっと判定が怪しい理由は結ばれているが、頭の後ろではないからです。これも髪の毛が食品に混入してしまうなど衛生面を見てのことです。

髪色は茶髪はOK

髪色については先ほど例を挙げた髪色についての話をそのまま使いますが

ピンクや紫のような派手な髪色でなければOKとしていました。

あとは赤とか青とかもNGですね。とにかく派手なのはダメと認識してください。

これもコンビニエンスストア本部の定める身だしなみのガイドラインでいわゆる茶髪までは許可がされていますが多少明るくても大丈夫です。そういう印象でした。

“金髪”とまでいかないくらいの茶髪であれば許可してくれるお店も多いと考えられます。

コンビニバイトでは派手な髪色

↑これはNGになるお店が多いはずです。

私がこれまで一緒にお仕事させていただいた方の中でこんなに髪色の明るい方はいませんでした(笑)

髪色の上限

↑これくらいの”茶髪”はOKになるかと思いますが、ちょっと小言を言われる店舗さんもあると思われます。

コンビニでアルバイトをご検討中の方は髪色は茶髪までOKというイメージを持ってい頂ければと思います。

髪留め/シュシュについて

髪を結ぶ際の髪留めについては黒か茶色のゴムと指定されることもあるかもしれませんが

髪留めについては特にお願いしていたことはありませんでした。

これもコンビニエンスストア本部のガイドラインでは黒か茶色のゴムのみと記載があるかもしれませんが

シュシュなどゴム以外の髪留めをしていてそこまで指摘されることは少ないと考えられます。気になる方は店舗責任者に聞くことをおすすめします。

化粧/メイク、ネイル、カラコンについて

カラコンについて

お次は女性なら気になる化粧/メイク、ネイル、カラコンについて筆者が約10年コンビニで勤務していた際にスタッフさんにお願いをしていた身だしなみに関するルールです。

ご参考までにの紹介ですので、バイト・パートの際は必ず勤務先の店舗責任者に聞きましょう。

化粧/メイクについて

化粧/メイクについてはしてはいけないということは全くありません。

そして以前、筆者が勤務していた時のフランチャイズ本部が定める身だしなみのガイドラインにこの化粧/メイクについて細かい指定はなかったように覚えています。

女性からするとそりゃあ、化粧に細かい指定をされているなんて困りますよね。

なので濃くても全然OKでした(笑)

化粧/メイクの濃いとか薄いってのはわかるんですが

濃いと濃すぎる

の違いのようなものがあまり理解しておらず、女性スタッフの化粧についてお願いをしていたルールはありませんでした。

コンビニバイトでは派手な化粧

↑それこそこれくらい濃くてもOKにしていたはずです。いなかったですが(笑)

ネイル/爪について

ネイル/爪については残念ながらお願いしていたことがありました。

基本的に爪については全部ダメなんです。

これも衛生面などの問題でなんですが

  • 爪が長いと垢やゴミなどの心配がある
  • ネイルに例えばデコレーションが施されていると異物混入のリスクになる
  • マニキュアを塗っているだけでも剥がれて異物混入になる恐れがある

と、残念ながら異物混入やお釣りを渡す際にお客様に当たってしまうことなども考えられることから

コンビニでのバイト・パートを考えたときネイルなどの爪のおしゃれはほとんどできないとお考え下さい。

カラコンについて

カラコンについてですが、かなり微妙なラインでした・・・

私はNGだとは思わないんですけどね・・・

だって衛星面でもお客様に何か害になることないですもんね。

それを言い始めると「これもいいんじゃないの」というのが増えるのでやめておきます(笑)

度付きのカラコンは仕方ない気もするんですが

バイトの時は普通のコンタクトにしてくださいと言われていた女子高生がいたのを覚えています・・・

私は悪くはないとは思うんですけどね。視力の問題でコンタクトが必要で、度入りのカラコンしか持っていない場合は店舗責任者に要確認です。

ピアスや指輪、時計など装飾品について

ピアスについて

続いては装飾品について実際に店舗運営の際にお願いをしていたルールなのですが

基本的にすべてNGとお考え下さい。

ピアスやネックレス、指輪(結婚指輪)、腕時計などすべて勤務中は身に着けないようお願いをしていました。

ネックレスはユニフォームで見えないので、実質可となりますが。

ピアス、指輪や腕時計がNGな理由はやはり食品を扱うからです。包装されているお弁当などだけならいい気もするんですが、揚げ物やおでんなどかんたんな調理を伴うこともありますので、身に着けることはご遠慮いただいていました。

 服装や靴について

服装や靴について

続いて服装や靴について筆者が約10年コンビニで勤務していた際にスタッフさんにお願いをしていた身だしなみに関するルールです。

ご参考までにの紹介ですのでバイト・パートの際は必ず勤務先の店舗責任者に聞きましょう。

ユニフォームの下にパーカー

服装は先ほどご紹介したように上は制服・ユニフォームを着用します。

これだけで良いと考えられますが、そのユニフォームの下にフードのついたパーカーを着込みたいという声を受けたことがあります。

これは基本的には無し、認めていませんでした。

コンビニのペットボトルの入っている冷蔵の棚のイメージつくでしょうか?

あれは巨大な冷蔵庫のようになっていって、私たちが目にしている売り場側の裏から補充できるように、その冷蔵庫の中に入れるんですね。

そのペットボトルの補充の際に、冷蔵庫の中(ウォークイン)が寒いのでユニフォームの下にパーカーを着込みたくなる気持ちはすごくわかるのですが、フードは見えている状態は良くないのでNGとしていました。理由は

単純にフードは必要ないからです。

スウェット、トレーナーのようにフードのついていないものであれば、ユニフォームの中に着込むのはOKとしていました。

タートルネックのインナー

インナーについて触れたので、フードのついたパーカーの他にユニフォームの下から見えてしまうのがタートルネックのインナーです。

これは本部の定める勤務中の服装のガイドライン的にはNGにあたるのですが

かなり微妙なところでOKにしていました。

女性でいらしたのですが、やはり冬は冷えますよね。全員が全員タートルネックのインナーではなかったのでダメです。というようにはしていませんでした。

おすすめのインナー

ユニフォームの中に着込むものについて触れたので、ここで少しユニフォームの中に着るインナーで私が実際に着ていたものをおすすめとしてご紹介いたします。

コンビニのユニフォームの下に着るインナーのおすすめはズバリ!

ユニクロおよびG.Uの製品です。

  • 寒い時期であればヒートテックの長袖(9分袖)を一枚
  • 暑い時期であれば綿やポリエステルの半袖を一枚

地域の気候にもよるとは思いますが、これだけでうまく温度調整ができていました。

というのもコンビニの店舗内は空調で温度管理されているため

冬場なら暖房

夏場なら冷房

が、必ずついています(当たり前ですよねw)

そしてコンビニのお仕事というとレジ応対・レジ打ちがほとんどで、あまり動かないかとも思われますが、品出しや清掃で動くこともなかなか多いです。

そのため人にもよりますが、例えばヒートテック一枚着て上にスウェットを着てユニフォームを着ると暑すぎるんですね。

お伝えしたいことは意外とコンビニのバイトは動くことも多いですよということです。

コンビニのバイトでの仕事内容や業務内容をまとめた記事がありますのでぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

コンビニバイトの仕事内容をまとめてご紹介【楽ではない/やること多い】
  コンビニバイトの仕事内容でやることはいったいどんなもの? いきなりですが、学生の方も社会人の方もこれまでにコンビニでアルバイトってしたことありますか? 現在社...

スウェットやジャージ

続いて上から下に行きます。下はまずパンツからです。

パンツは基本的にチノパンやスキニーパンツ、スラックスでお願いしていました。あとはコーデュロイ素材のパンツとか。

ジーンズ/ジーパンや穴の開いたダメージのあるパンツはご遠慮いただいていました。

あと、たまに学校帰りなんでしょうが、学校の制服のスカートで勤務をしている店員さんをたまに見かけますが、あれは基本NGです。

学校から家に帰っている時間がないなどの理由なんでしょうが基本的にはパンツでないとダメです。

そして、品出しや納品の際にしゃがむこともあるので、スカートだと動きずらいかもしれません。

そして他に私が見かけたコンビニ店員さんでいらしたのが

  • グレーのスウェット
  • アディダスのジャージ

を履いている店員さんです。

スウェットやジャージ

↑こんなやつです。

これは本部的にもお店的にもほとんどがNGです(笑)

これを勤務中に着用しているというお店はコンビニではほとんどないかと考えられます。

私が見かけたのはたまたま責任者の方が不在だったか、学校や遊び帰りのバイトでそれしかなかったなどのことがことが理由として挙げられます。

なんでスウェットやジャージがダメなの?と思う方もいるかもしれません。

おそらく、動きやすいからなどの理由もあって着用しているんでしょうが

逆にスウェットやジャージの店員さんっています?

と、自問自答してください。

コンビニ以外でのシーンをご想像ください。

ドトールにコーヒーを買いに行ったり、ジョナサンでご飯を食べに行ったり、友達と鳥貴族にお酒を飲みに行ったとき。(有名なチェーン店を並べてみました)

スウェットやジャージの店員さんっています?(2回目)

私は見かけたことがありません。

もし見かけたらちょっとおかしいお店なのかなと頭をよぎります・・・

実際、コンビニで見かけてしまったことが残念です。

なのでコンビニでアルバイトする際のパンツは基本的にチノパンやスキニーパンツ、スラックスだと思っておいてください。

派手なスニーカーやクロックス/サンダル

次に靴です。

靴は基本的にスニーカーや運動靴と呼ばれるような動きやすい靴で色は

“派手でなければ”

と、お願いしていました。

コンビニバイトで履けるスニーカー

↑こんな感じのごく普通のスニーカーであれば何でもいいとお願いしていました。

↑コンビニのバイトは揚げ物の調理があるため、汚れても良いバイト用の動きやすい靴を用意しておくのがおすすめです。

これまで私が勤務をしていて靴に関してもスタッフさんに注意をするような、派手な靴を履いてきた人はいなかったと記憶しています。

ちなみにクロックスやサンダル、底の厚いブーツはNGにしていました。理由は転倒の恐れがあるからです。

しかし、これも私が実際に見かけたコンビニ店員さんでいたのが

  • 真っ赤なエアマックス
  • 真っ黄色のエアマックス

を履いている店員さんです。

派手なスニーカー

↑こんなやつです。ちょっと目立ちすぎます(笑)

これも実際に履いて勤務している方を見かけましたが基本はNGだと思ってください。

基本的に派手な色や装飾のないスニーカーや運動靴とお考え下さい。

その他:マスクやメガネ、タトゥー、香水などについて

その他、装飾品ではありませんが

マスクやメガネ、香水についてもご紹介いたします。

マスクについて

まず、マスクについてですが、お客様の前でマスクをしているのは、失礼ではないかとお考えになる方もいると考えられます。しかし現代社会においてマスクは

花粉症や風邪、インフルエンザなど感染症の予防のため

着用しなければいけない機会が増えています。なので体調管理の面からもマスクの着用はOKです。

しかし注意していただきたいのが、マスクのなんですが

白や薄いピンク、青のものが良いと感じます。

最近よく見かける、外国人の方などが着けている黒いマスク

黒いマスク

↑これはやめたほうがいいです。私ならこれは遠慮してもらいます(笑)

この黒いマスク調べると、炭が配合されていて消臭効果が高いとかそれなりに黒い意味はあるようですが、なんせインパクトが強い気が・・・

メガネ、アイウェアについて

メガネはもちろんかけてOKです。ですが、伊達メガネのようなオシャレで着けるレンズにちょっと色が入っていたりクリアレンズでも反射のあるもの

色付きのメガネ

↑女性ではあまりいないかもしれませんが、こういうやつですね。

こういったメガネはおすすめしません。ブルーライトカットの理由や花粉グラスなど体質により仕方ない場合を除いては、ご遠慮いただくことが考えられます。

タトゥーについて

タトゥーについては入れることが法律で禁じられているということでもないので入れていてもOKだと感じるのですが

やっぱり見えてるのはNGですね…

我々日本人ってこういうものにあまり免疫がないじゃないですか(笑)

このタトゥーもこれまでコンビニで勤務されている方で数人お見かけしました。でも男性でなく全員女性でしたね。

女性ならいいのかということもないと思うので見えないところに入っている分にはいいと感じます。

香水やフレグランスについて

香水やフレグランスなどにおいのきついものはつけないでいただいていました。

ふわっと香る柔軟剤くらいのにおいまでが良いと考えられます。

【最後に】問題なのは人手不足?

最後に

これまでコンビニでアルバイトをする際の服装について筆者の実体験を交えながらご紹介してまいりました。いかがでしたでしょうか。

ここで改めて服装や装飾品、髪色について考えたときに筆者が見かけた本来はNGでは?と感じる服装や髪色の店員さんがいたのは

もしかしたら人手不足が原因であるかもしれません。

コンビニに限らず人手不足というのは問題になっていますが、コンビニの場合24時間365日の営業ということで様々な時間の働き手を必要としています。

そういった中で服装や髪色について厳しい条件を付けていると

人が集まらないのでは?

と、感じました。

それ故、少しづつですが、外国人労働者の増加などもあり、文化というか服装や髪色、装飾品などに対する店舗側の意識も変わってきているんではないかとも感じました。

しかし、本記事の中で例にも出したのですが、ドトールやすかいらーくなどコンビニ以外の有名チェーン店の店員さんで派手な見た目の方をあまり見かけたことがありません。

コンビニでバイトをする際にこの服装や髪色について明確な正解というものは議論が難しいかもしれません。(コンビニチェーン各社に服装や髪色についてのガイドラインはあります)

ただ、考えていただきたいのがコンビニでバイトをするということは

お客様の前に立つということです。

この大前提を考えたときに、自分はどういう服装や髪色が望ましいのか。ということを今回ご紹介した内容を含めて、お考えいただけたらとてもうれしいです。