【悲報?】2019年9月コンビニからあの雑誌が消える・・

成人向け雑誌の販売が終了

本日2019年9月1日よりコンビニエンスストア大手のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンは雑誌コーナーから成人向け雑誌(いわゆるエ〇本)を置かなくなり、販売が終了しました。

この3社での2019年9月時点店舗数は全国で約5万2,000店になりその全店から成人向け雑誌が姿を消す。

このコンビニの成人向け雑誌はだいたいの店舗でトイレ付近にあり、どうしても女性や子供の目に入ることから昔から多少問題視はされていました。

実際に私の店長時代もこの成人向け雑誌にまつわる事件はいくつかありました。

TSUTAYAなどのレンタルビデオ店では成人向けのコーナーはカーテンなどで仕切りがあるのにコンビニはなぜこうもオープンなのか気にはなっていました(笑)

今後は?

もう撤去は決定していますので、その成人向け雑誌の撤去を決めたコンビニ各社は今後どうしていくのか、空いたスペースはどうするのかというのが気になるところですよね。

調べたところによると2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、訪日客のイメージ低下を避けるのが狙いだそうで、空いたスペースには子供向けの本を並べるなど、客層に応じて工夫をしていくそうです。

ちょっとした裏話

これまた実際に私が勤務していた店舗では売れてるか売れていないかで言うと売れていました(笑)

月間の成人向け雑誌の売り上げなんて気にしたこともないので正確にいくら売れていたというのは不明なのですが、1冊が1,000円弱はするので平均客単価400円ほどの店からするとありがたいものでした(笑)

定期的に決まったシリーズのものを購入される方もいれば、一度に5冊まとめてとか、あとは酔っぱらってノリでみたいなかたなど色々なシーンがありましたねww

最後に

そんな私の中にすら数々のドラマがあった成人向け雑誌。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン販売終了になるのはなんだかんだ寂しいものですね。。

でもほんとうになんでコンビニはこんなにオープンに成人向けのコーナーがあるのか疑問でしたし、子供に良いか悪いかって言ったら良くはないと思います(笑)

皆さまそういったものが見たくなったときはもう撤去されているのでコンビニには駆け込まないでくださいねw